つなごう医療 中日メディカルサイト

発達障害児と親の心をケア 名古屋大付属病院 吉川徹さん

医人伝

(2010年6月29日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

療育の“作戦参謀”に 親と子どもの心療科医師 吉川 徹さん(37)

画像ソフトで穏やかに患者の話を受け止める吉川徹(よしかわ・とおる)さん=名古屋市昭和区の名古屋大付属病院で

 診察室でお母さんが心配そうに訴えた。小学校に入学したばかりのアスペルガー症候群の息子が、ほかの児童をしかる担任教師の声におびえ、家でも不安定になるという。

 「恐怖が鮮明によみがえってしまうんだよね」。ひげを蓄えた吉川徹さんは静かに受け止めつつ、腕を組んだ。学校に伝えて、対応を求めるべきか。しばらく様子を見るか−。「関係がこじれても大変だし、じわじわと働き掛けていきましょうか」

 児童精神科医として、今までに1000人以上の発達障害の子を診てきた。その経験から、学校とのかかわり方、福祉サービスの利用の仕方などをアドバイスする。進路の相談をされることもある。

 子どもの治療だけでなく、親の心のケアにも努めるのが「親と子どもの心療科」。親の悩みは子育て全般に及ぶため、「療育の作戦参謀」を自任している。

 三重県桑名市出身。高校時代から「子どもの心や育ちにかかわる仕事がしたい」と考え始めた。名古屋大が日本の児童精神科の先駆けであることを知り、志望。発達障害の世界に魅せられた。

 「物の見方や感じ方が全然違う。彼らがどういうふうに感じたのか、どんな道筋で考えて行動しているのか、何が好きで何が嫌いか、すごく興味をひかれたんです」

 愛知県立城山病院、県心身障害者コロニー中央病院を経て、2007年から母校の名大病院へ。診療の一方で、発達障害児の脳の活動、薬物の効果・影響についての研究も進めている。

 児童精神科で、子どもの心を専門的に診ている医師は、全国で3、400人という。それに引き換え、発達障害の医療のニーズは高まる一方。名大病院でも診察は、多い子でも1カ月に1度、1回15分が精いっぱいだ。一人一人、症状や生活上の問題が違う発達障害の患者・家族に、必要な支援はまだまだできていない。

 その自覚を胸に、親同士の立場で支援する「ペアレントメンター」の養成に力を入れ、行政機関や親の会との連携にも情熱を注ぐ。後輩たちには「地域の支援の状況を知り、つなぎ役になること」の大切さを説く。

 子ども時代から、ずっと診てきた患者もいる。知的な遅れのある自閉症の人が就労して、毎月の給料で、母親を連れて好きな電車に乗りに行く。「彼らが幸せに暮らしていることが、ぼくの幸せ。続く子どもたちに道を示すことができるんです」 (野村由美子)
 名古屋大付属病院(名古屋市昭和区)

同じ連載記事
スムーズな復職へ導く 仕事と治療の両立支援ネット ブリッジ 服部文さん (2017年3月28日)
「頼みの綱」重責を力に 滋賀県立小児保健医療センター 吹上謙一さん (2017年3月21日)
がん検診を当たり前に 聖隷浜松病院 吉田雅行さん (2017年3月14日)
「食べる幸せ」を支える 金沢在宅NST経口摂取相談会 綿谷修一さん (2017年3月7日)
民間病院の経営を研究 日本福祉大大学院 中島明彦さん (2017年2月28日)
同じジャンルの最新ニュース
<元名大生の闇>刑務所で治療 限界 (下) 更生 (2017年3月27日)
<元名大生の闇>見過ごされた異変 (中)支援 (2017年3月26日)
〈社説〉元名大生に判決 暴走防ぐ教訓の共有を (2017年3月25日)
<元名大生の闇>厳刑 微動だにせず 説諭に小さく「はい」 (上)衝撃 (2017年3月25日)
<浜通りの片隅に>東日本大震災6年(1) 安らぎの場 (2017年3月8日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人