つなごう医療 中日メディカルサイト

「大丈夫」を伝えたい いせ在宅医療クリニック 遠藤太久郎さん

医人伝

(2012年7月31日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

ハイテク技術より精神的支え 院長 遠藤太久郎さん(62)

画像認知症で寝たきりの女性を診察する遠藤太久郎(えんどう・たくろう)さん

 寝たきりで認知症のノブさん(92)は、眠っている時間がめっきり増えた。

 目を覚ましたのを見計らって、娘さんが年齢を尋ねると、小さな声で「ひゃく」。娘さんは「さっきは80って言ってたのに…」と吹き出した。

 在宅ホスピスケア−住み慣れた自宅で、病気を問わず、最期まで暮らせるように支えることが、遠藤太久郎さんの願いだ。午前中は内科・心療内科の外来。午後は各家庭を回り、時間をかけて患者や家族と接する。「必要なのは、ハイテクの医療技術よりも、精神的な支え。うそをつかず、『そのやり方で大丈夫』という思いを伝えています」

 枕元に携帯電話を置き、夜中のコールにアドバイスする。約50人の在宅患者のうち、進行がんの人は、常時5人前後。痛みの管理には点滴よりも貼り薬や水薬を使う。その方が患者や家族が対処しやすいからだ。

 近鉄宮町駅近くの廃業した自転車屋さんの店舗部分を借りて、10年前に開業した。一昨年には、母屋部分も借り、多目的スペース「縁(えにし)の家」を設けた。がん患者のおしゃべりサロン、家族を見送った人のグリーフ(悲嘆)ケア、生と死を考える勉強会などに使っている。「医師ではなく、一遺族としての思い」がこもった場だ。

 22歳のとき、父をがんで亡くした。名古屋大法学部の卒業直前だった。一般企業に就職したものの、父の死に「割り切れない理不尽な思い」をずっと引きずっていた。それが「医療の裏側を見たい」という気持ちにつながり、25歳で三重大医学部に入った。

 内科の勤務医時代は、患者の立場と程遠い医療に疑問を抱き、うつ病を何度か患った。三重県こころの医療センターに勤めた時は、アルコール依存症の患者や精神疾患の家族と接し、心のケアの大切さを痛感した。在宅ホスピスへの思いが強まり、先輩医師を訪ねたり、海外研修に出掛けたりした。信頼していた同僚看護師が末期がんになり、在宅でのみとりに関わった経験も、開業の後押しとなった。

 「その看護師さんが亡くなった時は、父と同じ52歳でした。私の開業も52歳。不思議な巡り合わせを感じます」(編集委員・安藤明夫)
いせ在宅医療クリニック(三重県伊勢市)

同じ連載記事
子どもの遺伝病を研究 浜松医科大 緒方勤さん (2017年11月21日)
記者から奮起、医の道へ 一宮むすび心療内科 小出将則さん (2017年11月14日)
満足いく生涯を手助け 丹生川診療所 土川権三郎さん (2017年11月7日)
ぜんそくの重症化防ぐ てらだアレルギーこどもクリニック 寺田明彦さん (2017年10月31日)
新療法で花粉症根絶へ ゆたクリニック 湯田厚司さん  (2017年10月24日)
同じジャンルの最新ニュース
がん治療と仕事両立 後押し 名古屋で支援センター 病院に無料相談窓口 (2017年11月17日)
脳腫瘍、食道がん根治へ 岐阜大病院 レーザー治療法導入 (2017年8月17日)
がんの関連遺伝子 検査で網羅 三重大病院 (2017年7月28日)
魚油成分 生存率に効果 伊賀市立病院チーム 英の科学雑誌に論文掲載 (2017年7月28日)
麻央さん「愛してる」と旅立った 海老蔵さん、会見で涙 (2017年6月24日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人