つなごう医療 中日メディカルサイト

脳の構造を効率的に作る仕組み解明 てんかんの原因解明に道

(2013年9月23日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

神経幹細胞 細長さがカギ

正常な神経幹細胞

 脳のさまざまな細胞のもととなる「神経幹細胞」が、神経回路など脳の構造組織を効率的に作る仕組みを、名古屋大大学院医学系研究科の宮田卓樹教授と岡本麻友美特任助教らの研究グループが解明した。てんかんなど先天性の脳の病気を知る手掛かりになると期待される。22日付の米科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」に掲載された。

 胎児の脳では、神経幹細胞が盛んに分裂して多様な働きをするニューロン(神経細胞)を生み出す。神経幹細胞は脳脊髄液がたまる部屋を覆う壁の内側で分裂し、ニューロンが外側に移動してすみ分けることで、秩序ある神経回路が築かれることが知られている。

 宮田教授らは、正常な神経幹細胞が、細長い形をしていることに着目。マウスの胎児の脳を使った実験で、神経幹細胞を細長くするタンパク質を遺伝子操作でなくした。

 その結果、短く丸くなった神経幹細胞は動きが緩慢になって、定位置の内側にたまり、混み合う状況が起きた。やがて、その一部が混雑に耐えかねて緊急避難するように、本来はニューロンがいるべき外側に飛び出して分裂し、無秩序な神経回路ができてしまった。

 宮田教授は「ヒトの脳でも、神経回路の乱れがてんかんなどの疾患をもらたす。その詳しい原因の解明につながる可能性がある」と話している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人