つなごう医療 中日メディカルサイト

使用済み注射器使い小5男児に接種 美浜町

(2013年10月3日) 【中日新聞】【朝刊】【愛知】 この記事を印刷する

 愛知県美浜町は2日、町保健センターで9月27日に実施した日本脳炎の集団予防接種で、町内の小学5年の男子児童(11)に誤って使用済みの注射器で接種をしたと発表した。

 町は保護者に謝罪し、翌28日に男子児童に血液検査と感染症の予防接種をした。体調の異常は報告されていないという。

 町によると、知多郡医師会の医師が未使用の注射器が置かれたトレーではなく、同じ机にあった別のトレーから使用済み注射器を取り、接種した。医師は注射器の中が空だったため誤りに気付き、その場で男子児童と保護者に謝罪。新しい注射器であらためて接種した。看護師2人と保健師もミスに気付かなかったという。

 町健康推進課は「使用済み注射器の処理方法を再度検討し、時間や人員に余裕を持って予防接種ができる体制を築き、再発防止に努める」と話している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人