つなごう医療 中日メディカルサイト

名大リケジョ、菌と闘う

(2014年2月5日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

緑膿菌実験担当の白瀧さん

研究に取り組む白瀧千夏子さん=4日、名古屋市千種区の名古屋大で

 名古屋大大学院などの研究チームが、緑膿(りょくのう)菌の増殖を抑える研究成果を発表したのは1月28日。くしくも理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子さん(30)が新たな万能細胞の作製を発表した日と同じだった。チーム7人のうち唯一の女性で大学院生の白瀧千夏子さん(28)は、時の人となった小保方さんの姿に「若手女性研究者の活躍する姿に勇気づけられた」と話す。(北島忠輔)

【関連記事】 緑膿菌 抗生物質使わず増殖抑制

 6年前、信州大から名大大学院に進学。研究分野を生物から化学の世界に移した。小保方さんも化学から再生医療への転身組。「インパクトは全然違います」と控えめに話すが、緑膿菌の研究では、増殖を抑えるフタロシアニンという色素分子を混ぜて培養する、核心部分の実験を担った。

 実験を始めたのは4年前。試験管を揺らす日々を「暗闇の中を手探りで進む毎日だった」と振り返る。緑膿菌の殺菌は抗生物質の投与が主流。実験データをもとに論文を書いたが、認められるか不安だった。化学誌に提出してから3カ月後に届いたコメントには「現象の証明が足りない」とあった。

 突貫工事で、緑膿菌が増殖する度合いを示す実験を繰り返した。「カビの研究をしていた大学時代の経験が役立った」と振り返る。

 こつこつ続ければ、いつかは花開く。違う分野への挑戦はプラスになる。小保方さんの姿は、そのまま自分の歩みに重なる。

 就職を前に、次の一歩を悩んでいるという白瀧さん。世界が注目した小保方さんの活躍を目の当たりにし、「世界の不思議を探求していきたい」という気持ちが高まるのを感じている。 

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人