つなごう医療 中日メディカルサイト

理研、STAP論文撤回を検討

(2014年3月11日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

共著者の提案受け

 理化学研究所(理研)の小保方晴子ユニットリーダー(30)らが発表した新たな万能細胞「STAP細胞」の論文について10日、著者の1人の若山照彦山梨大教授が、論文撤回を共著者に対して提案していることが分かった。若山教授は「保存している細胞を第三者機関で分析してもらう」と述べた。これを受け、理研は「論文撤回の可能性はゼロではない」とし、撤回も含め検討に入ったことを明らかにした。小保方氏は神戸市の理研で共著者と対応を協議し、11日以降に結論を出すとしている。

【関連記事】 STAP論文「撤回の理由なし」 米教授反論 
【関連記事】 「信用できなくなった」 若山教授一問一答
【関連記事】 小保方さん、STAP細胞 博士論文画像と酷似

 体の細胞に酸などの刺激を与えると万能細胞になるという論文は、英科学誌ネイチャーに掲載されて大反響を呼んだ。しかし、他の研究室で再現実験ができないうえ、画像の使い回しや過去論文からの複写などの行為が疑われていた。

 共著者は他に、理研の笹井芳樹副センター長、丹羽仁史チームリーダー、東京女子医大の大和雅之教授、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授ら。

 若山教授は、提供された細胞を使ってマウスの実験をした。画像の使い回しについて、当初は「多くの画像の中から選択を誤った。論文を修正する方向だ」と話していた。しかし小保方氏の博士論文と酷似した画像がネイチャー論文にも使われていることが分かり「信用できなくなった。10日午後、メールで撤回を呼び掛けた」と述べた。

 理研広報担当者は「小保方氏は指摘を真摯(しんし)に受け止めている。撤回も含め協議している」と話した。

STAP細胞 小保方晴子氏らの研究によると、マウスのリンパ球などを弱酸性の溶液につけると、さまざまな組織に発達することのできる万能細胞になり、これをSTAP細胞(刺激惹起=じゃっき=性多能性獲得細胞、Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cellの略)と名付けた。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人