つなごう医療 中日メディカルサイト

STAP論文「ずさん」 理研認める

(2014年3月15日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

著者3人撤回同意

STAP細胞の論文問題で中間報告の冒頭、頭を下げる理化学研究所の野依良治理事長(中)ら=14日、東京都中央区で

 理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)らが発表した「STAP細胞」の論文中に流用が疑われる写真や他論文と酷似した文章がみつかるなどした問題で、野依(のより)良治理研理事長らが14日、東京都内で会見し、小保方氏の博士論文と同一の画像があったことなどを認めた。小保方氏ら理研の3人の著者は論文撤回に同意しているという。撤回されれば研究は白紙に戻る。「画期的」とされた研究の根幹が揺らいだ。

【関連記事】 ネイチャー「STAP論文 取り消しも」 
【関連記事】 STAP真偽 「第三者検証を」 口濁す理研
【関連記事】 STAP疑惑底なし メディア戦略あだに
【関連記事】 小保方氏「未熟だった」
【関連記事】 論文「査読」 大物共著、チェック甘く ネイチャー
【関連記事】 STAP 「光るマウス」疑惑 解消されず

 理研では調査委員会を設けてSTAP細胞の論文を調べてきた。他人の論文とそっくりの記述が指摘された部分は、何かの方法でコピーしたと判断した。

 また、小保方氏が大学院生時代に別テーマで書いた博士論文と酷似した画像が使われている問題は、同一画像が使われたと判断。捏造(ねつぞう)の疑いもぬぐえないことから、著者から聞き取りをするなど調査を続けていくという。

 同じマウスの胎盤の写真が重複して使われていた点は不正に当たらないと認定した。

STAP細胞論文の疑問に対する調査の中間報告

 理研では問題の発覚後に「所内でSTAP細胞の再現実験に成功した」と公表していたが、実は論文の一部しか再現されていないことも明らかにした。

 STAP細胞が本当にあるのかどうかについて、小保方氏が所属する理研発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は「第三者の検証を待つしかない」と答えるにとどめた。理研はこれまで「研究の根幹は揺るぎない」と主張してきたが、川合真紀研究担当理事は「少し楽観的に見ていた」と述べ、見解を改めた。

 また竹市センター長が10日、小保方氏、笹井芳樹副センター長、丹羽仁史プロジェクトリーダーの3人の著者に論文撤回を勧めたところ、全員が承認したという。ハーバード大のチャールズ・バカンティ医師は14日、「他の著者と話をしようと計画している」と、協議の考えを示した。

 今回の問題について野依理事長は「ずさんで無責任にデータを扱うのはあってはならないこと。所内で倫理教育を徹底的にやり直して指導していきたい」と話した。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人