つなごう医療 中日メディカルサイト

STAP 「光るマウス」疑惑 解消されず

(2014年3月15日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

ネイチャーに大きく掲載

ネイチャー論文に掲載された光るマウスの胎児。STAP細胞からできたと説明されている

 STAP細胞の一連の研究でとくに注目された「光るマウス」の問題に関して、14日の会見で疑惑はまったく解消されなかった。

【関連記事】 STAP疑惑底なし メディア戦略あだに
【関連記事】 STAP論文「ずさん」 理研認める
【関連記事】 小保方氏「未熟だった」
【関連記事】 論文「査読」 大物共著、チェック甘く ネイチャー

 この実験では、若山照彦山梨大教授が、小保方晴子氏から細胞を受け取って、マウスの子宮に入れて胎児を育てた。その成果である「光るマウス」は、万能性の証拠として、ネイチャーに大きく掲載された。

 会見では「小保方氏が若山氏に、胚性幹細胞(ES細胞)を混入させた材料を渡したのではないか」という質問が出た。ES細胞は、発生後まもない受精卵から作られ、万能細胞に近い性質を持つ。

 この問題に対し、竹市雅俊理研センター長は「STAP細胞だけでマウスができるか確かめるしかない」と述べ、調査委員長の石井俊輔氏は「論文の不正を調べるのが役目であり、実験の内容に関することは調査の対象ではない」とした。川合真紀理事は「専門家の解析が必要。調査対象にするかどうかの判定をする段階だ」と、早期解明は難しいとの見通しを示した。

 若山教授は10日、「真実を知りたい」と、保存されている細胞を外部調査に出すことを表明している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人