つなごう医療 中日メディカルサイト

STAP真偽 「第三者検証を」 口濁す理研

(2014年3月15日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

「不正確認されていないが、調査中」 

STAP細胞論文の疑義に対する理研の中間報告取材のため、記者会見場に詰めかけた報道陣=14日、東京都中央区で

 STAP細胞の論文で画像の使い回しなどの疑惑が相次ぎ指摘されている問題で十四日、ようやく開かれた理化学研究所(理研)の会見。ノーベル化学賞受賞者の野依良治理事長が急きょ出席し、謝罪したものの、「世紀の発見」の真偽を問う質問に、理研幹部は「不正は確認されていない」と繰り返すばかり。歯切れの悪い会見は4時間に及んだ。

【関連記事】 STAP疑惑底なし メディア戦略あだに
【関連記事】 STAP研究 成果急ぎ、精度後手 論文至上主義が背景に
【関連記事】 STAP論文「ずさん」 理研認める
【関連記事】 小保方氏「未熟だった」
【関連記事】 論文「査読」 大物共著、チェック甘く ネイチャー
【関連記事】 STAP 「光るマウス」疑惑 解消されず

 午後2時から東京都中央区の会議室で開かれた会見には、海外メディアを含む約200人が詰め掛けた。テレビカメラ約30台の前で、当初出席を予定していなかった野依氏ら幹部が「世間にご迷惑、心配かけたことをおわびする」と頭を下げた。

 野依氏は「未熟な研究者が膨大なデータをずさんに扱った」と、小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーを批判。今回のような研究者の無責任さは「氷山の一角かもしれない」とまで踏み込んだ。理研の発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長の責任も「シニアになるほど大きい」と断じた。

 しかし、実験データの捏造(ねつぞう)やSTAP細胞の真偽など、問題の核心に質問が及ぶと、理研幹部らの歯切れは悪かった。

 「不正は見つかっていないが、調査中」「真偽の確認は第三者の検証、再現が唯一の手段」との答えに終始。小保方氏の会見については「今はその段階ではない。調査がほぼまとまった時点で機会を設ける」と答えた。

 当事者が公の場で語らないことや理研の説明の不十分さを、多くの科学者が問題視している。東京大医科学研究所の上(かみ)昌広特任教授は「意図的にデータをいじっていれば、それは不正だ。理研は不正があったと認めるべきで、今日の発表は身内をかばっているように感じた」と話す。

 「科学者は結論に責任を持つべきだ」。上教授はそう訴えてきた。「小保方氏や笹井氏が自ら真相を説明するべきだ。理研の姿勢は、世間の感覚と離れている」と批判した。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人