つなごう医療 中日メディカルサイト

「美味しんぼ」登場の医師 「すべて事実。抗議は被災者に失礼」

(2014年5月13日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

「綿密な取材を受けた」

松井英介医師

 小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画「美味(おい)しんぼ」に「岐阜環境医学研究所長」として実名で登場し、原発事故や震災がれきと鼻血の関連性を指摘している元岐阜大助教授の松井英介医師(76)=岐阜市=は12日、本紙の取材に「すべて事実。実際に異変を感じている人たちがいる」と主張した。福島県や大阪市などの抗議には「〝事実無根〟というのは、その人たちに失礼だ」と反論した。

 放射線診療が専門。福島県双葉町に依頼されて2012年度から町の放射線アドバイザーとして年間数十日、町内に滞在し、多くの被災者から「鼻血が突然出る」「せきが止まらない」「体がだるい」などの症状を聞き取ったという。

 「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲さんと昨年末に出会い、4カ月にわたり「綿密な取材を受けた」と強調。問題の漫画を「子どもたちが読んで、自分の体の仕組みや放射線に関心を持ってほしい」と話した。

【関連記事】「美味しんぼ」に登場の医師 「脱被ばくが緊急の課題」
【関連記事】「美味しんぼ」問題 「自分も鼻血」訴えにくい
【関連記事】「美味しんぼ」 最新号で休載告知
【関連記事】「批判受け止める」 美味しんぼ、編集部が見解
【関連記事】漫画「美味しんぼ」 メディアとして求められる社会的責任
【関連記事】美味しんぼ 福島で『鼻血』表現 行政抗議を危ぶむ声」
【関連記事】環境省、「美味しんぼ」に反論 「除染は効果」
【関連記事】「美味しんぼ」鼻血描写 福島県が「遺憾」 大阪は抗議文
【関連記事】「美味しんぼ」最新号に 「鼻血原因は被ばく」
【関連記事】ビッグコミック編集部 「因果関係断定せず」 
【関連記事】「美味しんぼ」の鼻血描写 双葉町「差別助長」と抗議
【関連記事】漫画「美味しんぼ」「福島原発訪れ鼻血」

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人