つなごう医療 中日メディカルサイト

妊娠記録本がグランプリ 「葵鐘会」製作

(2014年6月30日) 【中日新聞】【朝刊】【愛知】 この記事を印刷する

世界最大級の広告祭

画像世界最大級の広告祭でグランプリを受賞した「マザーブック」

 愛知、岐阜県で産婦人科を展開する医療法人「葵鐘(きしょう)会」が製作した妊娠中の記録本「マザーブック」が、フランスで開かれた世界最大級の広告祭でグランプリを受賞した。 (橋詰美幸)

 本は40ページ。標準の妊娠期間である40週に合わせ、1週間に1ページずつ、その時の思いや考えを書き込んでいく。デザインにもこだわり、ページをめくるごとに、母親のおなかが大きくなっていく様子を立体的に表現した。縦30センチ、横20センチの大きさで、木箱に入っている。

 広告祭は、6月中旬に開かれた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」。医療、健康分野にまつわるヘルスケア部門で48カ国から集まった906作品の頂点に立った。

 マザーブックには、母親としてのスタート地点に立った女性に、出産をより充実させたものにしてほしいとの思いが込められている。手作りのため大量生産ができず、現時点では葵鐘会の施設で限られた妊婦に贈っているのみ。同会の広報担当者は「一人でも多くの人に使ってもらえるようにしたい」と話している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人