つなごう医療 中日メディカルサイト

治療も研究も「日本一」を 名古屋大医学部 高橋義行さん

医人伝

(2014年9月30日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

臨床研究に情熱を注ぐ 小児科准教授 高橋義行さん(47)

画像小児がんの治療と研究に情熱を注ぐ高橋義行(たかはし・よしゆき)さん

 朝の回診は7時すぎから始める日が多い。その後は外来開始までの時間を利用し、医師全員で論文などを読む勉強会。

 名古屋大病院小児科は昨年2月、小児がん拠点病院に選ばれた。審査の総合得点は全国1位。血液・がん分野だけで常時50人以上が入院するようになり、忙しさに拍車がかかる中、チームをまとめる高橋義行さんのモットーは「臨床も研究も日本一」だ。

 小児がんの治療成績は年々向上しているが、同病院に来る子の多くは、他の病院では太刀打ちできない症例。命を救うため臨床研究に情熱を注ぐ。難治性の神経芽腫で「助かる見込みは数%」だった少女は、ナチュラルキラー細胞を活性化させる特殊な臍帯血(さいたいけつ)移植で全快し、元気に学校に通う。

 この治療法の開発により、神経芽腫の国際学会で5月に優秀賞を受賞した。「看護師らスタッフのおかげ」と感謝する。今後も医師主導治験を進めるなど、基礎研究の成果を臨床で生かすチームづくりを目指す。

 しかし、救えない命もある。7年前には、病棟の多職種のスタッフが定期的に思いを伝え合う場をつくった。治療の難しい子や家族の状況を話し合うことで、終末期ケアの質も高まった。昨年3月、17歳で亡くなった男の子は余命の告知を受けて、終末期の過ごし方を自分で選択。家族、友人、スタッフに感謝のメールを残した。

 高橋さんは名古屋市生まれ。父の転勤で各地を転々とした。名大医学部在学中に父をがんで亡くし、がんの治療と研究に貢献したいと考えるようになった。成人より小児科の血液分野に魅力を感じ、研修先を探す中、名古屋第一赤十字病院(名古屋市中村区)に「臨床も研究も超一流」と評判の医師がいると知り、志願した。その医師が、今の直属の上司・小島勢二教授だ。

 「当時、小児科副部長で昼間は患者さんへの治療、夕方から夜にかけては治療法の研究や論文。その姿に感銘を受けました」

 家には9歳の長男と8歳の双子の長女、次男がいる。休みの日もしばしば呼び出され、わが子と接する時間は乏しい。でも、頑張って闘病する子たちの姿を伝えるようにしている。長女は最近、「お父さんのような小児科医になりたい」と将来の夢を語るようになった。(編集委員・安藤明夫)
名古屋大医学部(名古屋市昭和区)

同じ連載記事
心エコーで最善策提案 四日市内科ハートクリニック 三原裕嗣さん (2017年10月3日)
ヘリ救命医療の質追求 富山県立中央病院 松井恒太郎さん (2017年9月26日)
症状ひもとき原因究明 藤田保健衛生大総合アレルギーセンター 矢上晶子さん (2017年9月12日)
「幸せなお産」を手助け 明生助産所 鹿野恵美さん (2017年8月29日)
医師と育児 両立に尽力 公立陶生病院 加藤英子さん (2017年8月22日)
同じジャンルの最新ニュース
小児がん専門科新設へ 名古屋市 西部医療センターに (2017年6月27日)
小児がん克服 熱い思い 「基金」1年 催しで若者ら語る (2017年6月13日)
治療・研究もっと支援を (2017年5月30日)
オプジーボを小児がん治験 国立センター (2017年5月11日)
子どもの血液がん再発リスク (2016年12月6日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人