つなごう医療 中日メディカルサイト

議会欠席理由に「出産」

(2015年6月12日) 【中日新聞】【朝刊】【静岡】 この記事を印刷する

全国の変更受け 規則改正案提出へ

 浜松市議会は11日の議会運営委員会で、議員が本会議や委員会を欠席する理由に「出産」を新たに追加する会議規則の一部改正案を開会中の5月定例会に提出する方向性を確認した。改正案は最終日の19日の本会議で可決される見通し。 (古田哲也)

 全国市議会議長会が5月26日、有村治子女性活躍担当相からの要請を受け、全国の市議会が参考としている「標準市議会会議規則」に出産による欠席規定を追加したことに伴い、同様の改正をする。

 国会や都道府県議会では、2000〜02年にかけて「出産」を欠席理由に明記する規則改正をしている。

 浜松市議会では、女性議員が産休を取る場合は会議規則第二条などに基づき「事故」として議長に届け出るようになっていた。改正案では「出産」を明記した項を設けている。

 4月の改選を受け、市議会は女性議員が3人から9人に急増した。一児の母でもある北野谷富子議員(31)=市民クラブ=は「今後出産の可能性もあり、事故扱いされるのは納得できなかったので個人的には喜ばしい」と歓迎の意向を示した。その上で「産休中の議員報酬をどうするかなど、課題もある」と指摘した。 

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人