つなごう医療 中日メディカルサイト

加工肉で大腸がんリスク

(2015年10月27日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

 【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC、本部フランス・リヨン)は26日、ソーセージやベーコンなどの加工肉について「発がん性が十分認められ、大腸がんになるリスクがある」との調査結果を発表した。赤身肉についても発がん性の恐れがあると指摘した。

 欧米メディアによると、発がん性につながる物質が加工段階で生成されるという。欧米に比べると日本人の肉類の消費量は少なく、「日本人の一般的な消費レベルなら大腸がんリスクにはならない」との研究結果もある。

 IARCによる発がん性の評価は5段階で、加工肉は喫煙やアスベストなどと同じく最も高いレベル。毎日50グラムの加工肉を消費すれば、大腸がんのリスクが18%増加すると結論付けた。

 IARCの専門家は声明で「消費量によってがんが発生するリスクが高まる」と指摘、消費者に食べ過ぎないよう警告した。

 赤身肉については、主に大腸がんとの関連があるとしつつ、膵臓(すいぞう)がんや前立腺がんとの関連もみられるとした。

同じジャンルの最新ニュース
コヒーシンの働き解明 (2016年12月16日)
大腸がん手術 人工肛門で下痢 (2016年5月24日)
梶田さん 亡き右腕に感謝 (2015年12月10日)
食生活や飲酒が影響 (2015年6月9日)
今井雅之氏死去 (2015年5月29日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人