つなごう医療 中日メディカルサイト

渡辺謙さん 初期の胃がん

(2016年2月10日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

渡辺謙さん 初期の胃がん

 俳優の渡辺謙さん(56)が初期の胃がんであることを所属事務所が9日、明らかにした。既に内視鏡手術を受け、現在国内の病院で療養中という。

 事務所によると、人間ドックで判明。渡辺さんは上演中のブロードウェーミュージカル「王様と私」に、3月から再び主演する予定だったが、出演は遅れる見込み。渡辺さんは「無理は禁物ではありますが、舞台に向けて鋭意準備を重ねております」とのコメントを発表した。渡辺さんは1989年、急性骨髄性白血病と診断された。翌年に復帰し、2004年には米国映画「ラスト・サムライ」で、米アカデミー賞助演男優賞の候補に、昨年は「王様と私」でもトニー賞主演男優賞の候補になった。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人