つなごう医療 中日メディカルサイト

胃ろうへの不安を解消 小川医院 小川滋彦さん

医人伝

(2016年3月8日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

小川医院(金沢市) 医院長 小川滋彦さん(56)

画像胃ろうの利点を訴える小川滋彦さん

 食べ物をのみ下すことができなくなった人の胃にチューブを通し、直接、栄養を送り込む胃ろう。「胃腸から自然に栄養を摂取できる。再び口から物を食べられるまでに回復する可能性もある」と、患者や家族に胃ろうの利点を説いてきた。

 胃ろうを知ったのは、勤務していた金沢大病院から市内の石川県済生会金沢病院に移り、消化器内科医長に就いた20年ほど前だ。教科書代わりになる資料はない時代。いち早く胃ろうを始めていた同僚から手術方法などを学んだ。手術を見学したり、学会で出会った胃ろうを研究する医師と情報交換したりして、知識を深めた。

 以来、1996年に父から小川医院を継いだ後も、広く胃ろうについて知ってもらう活動を続けている。胃ろうに関する医療者向けの教科書も日本で初めて書き、各地で講演した。

 2004年からは「金沢在宅NST経口摂取相談会」を毎月1回開催。市内の医師、看護師、管理栄養士ら約40人が参加する。在宅の患者宅を無償で訪問し、集まった症例に基づいて「食べやすい食事は?」「歯を治すにはどうしたらよいか」などと、参加者たちが各専門分野の知識を出し合って話し合い、患者にアドバイスを送っている。

 終末期医療では、「過度な延命」などと、胃ろうへの批判もある。しかし、「胃ろうを使わなければ生きられない人もいる。胃ろうを減らしたとしても、より不自然な延命もある」と言う。

 かつては中心静脈栄養(TPN)という、点滴の管を心臓近くに通す方法が主流だった。だが、TPNは体の負担が重く、感染症のリスクもあった。一方、胃ろうは入院せずに自宅でも療養できる上、感染症のリスクも低い。おなかに直径数ミリの穴を開けるのに、抵抗を感じる人も少なくないが「穴はピアスと同じ。チューブを抜けば、ふさがってしまう」と、患者に説明している。

 金沢大医学部の臨床教授も務め、後進の育成に力を入れる。「学生に教えるのは、診察には患者との会話のテンポも重要ということ」。患者が話しやすい雰囲気を作ることの大切さも伝えている。

 金沢市出身。学生時代からクラリネットが趣味。「主旋律を吹かせてもらえるのがうれしい」とほほ笑む。 (草野大貴)

同じ連載記事
「頼みの綱」重責を力に 滋賀県立小児保健医療センター 吹上謙一さん (2017年3月21日)
がん検診を当たり前に 聖隷浜松病院 吉田雅行さん (2017年3月14日)
「食べる幸せ」を支える 金沢在宅NST経口摂取相談会 綿谷修一さん (2017年3月7日)
民間病院の経営を研究 日本福祉大大学院 中島明彦さん (2017年2月28日)
喫煙の害を地域に説く 加藤医院 加藤一晴さん (2017年2月21日)
同じジャンルの最新ニュース
脳梗塞でリハビリ中 内田康夫さん休筆宣言 未完作品の執筆者公募へ (2017年3月21日)
80歳まで現役 パン作り (2017年3月20日)
遺影 お気に入りの一枚で (2017年3月15日)
「高齢者は75歳から」提言 日本老年・老年医学会座長に聞く (2017年3月8日)
身近な相談 薬剤師が対応 発足から半年「健康サポート薬局」 (2017年3月7日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人