つなごう医療 中日メディカルサイト

ホットフラッシュ 60代まで続く

紙上診察室

(2016年3月22日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

Q ホットフラッシュ 60代まで続く

 50代初期にホットフラッシュが始まり、3年間薬を飲んでも治らず、今も続いています。 (女性・64歳)

A 漢方、はり治療で改善も

 ホットフラッシュは更年期障害の一つです。女性は閉経前後(45〜55歳ごろ)に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減って、生理不順や閉経と同時に更年期障害を発症します。血管運動障害や、精神神経症状などがあり、顔のほてりやのぼせ、異常発汗、動悸(どうき)など、症状はさまざまです。

 治療に最もよく使われるのは、エストロゲンの服用です。ただ、エストロゲンのみを長期にわたって服用すると、子宮内膜増殖症や子宮内膜がんを誘発するといわれていますが、必ず黄体ホルモンを同時に服用して、毎月、子宮内膜を脱落させることで防げます。ホルモン療法がどうしても嫌な場合、代替療法の一つとして、エストロゲンに化学構造が類似したサプリメント(大豆由来イソフラボンからの抽出物)があります。

 このほか、その人の症状に合った漢方薬も、ある程度症状の緩和を期待できます。

 質問者のように、60代でホットフラッシュだけが残っているのは、閉経前後の治療が十分でなかったことにより、慢性的な自律神経失調症状のみが残ったと考えられます。こうした場合には、ホルモン療法よりも、漢方やはり治療などの代替療法が有効な場合もあります。(宮崎千恵婦人クリニック院長・宮崎 千恵氏)

宮崎 千恵さん
同じ連載記事
寝ていて体を起こすと、目まい (2018年2月13日)
自覚症状ないが「胃炎」診断 (2018年2月6日)
ぼうこう炎 再発繰り返す (2018年1月30日)
脚が痛むが血管は異常なし (2018年1月23日)
大動脈弁閉鎖不全症手術は必要? (2018年1月16日)
同じジャンルの最新ニュース
〈中日病院だより〉(80) 子宮頸がん(下) 検診が有効 2年に1度は (2018年1月23日)
〈中日病院だより〉(79)子宮頸がん(上) ワクチンで感染予防を (2018年1月16日)
10代の重い生理痛 受診を 親も注意 子宮内膜症などリスク (2017年11月10日)
スポーツ選手と無月経 (2017年10月3日)
子宮移植の課題探る 八事日赤 院内チームが会議 (2017年8月3日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人