つなごう医療 中日メディカルサイト

アルツハイマー治療へ道

(2016年5月10日) 【北陸中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する
画像山田正仁教授

 脳内に「アミロイドβ(ベータ)」といわれるタンパク質がたまり、発症する認知症の代表的な病気アルツハイマー病。アミロイドβが蓄積されてできる線維の構造が周囲の環境によって変化することが、金沢大の山田正仁教授(神経内科学)=写真=らの研究で分かった。アミロイドβの蓄積構造の違いが病状の差に影響している可能性が高いとされ、線維の構造と病気の進行の関連が明らかになれば、治療への応用が期待される。(山内晴信)

 米国カリフォルニア大ロサンゼルス校との共同研究で、研究成果は9日(日本時間10日朝)、「米国科学アカデミー紀要」電子版に掲載された。線維の蓄積過程は、金大が開発し、10億分の1メートルまで撮影できる新型の原子間力顕微鏡で世界で初めて動画撮影に成功。それにより新しいタイプの構造も発見した。

 アルツハイマー病は通常の認知症のほか、数年で死に至る「急速進行型」と呼ばれる症状がある。

画像らせん型と直線型の両方の構造を持つアミロイドβの線維。10億分の1メートルまで撮影できる原子間力顕微鏡で、金沢大などが発見し、初めて動画撮影に成功した=同大提供

 グループは、人工合成したアミロイドβが蓄積し、線維が作られる様子を撮影。らせん型と直線型の線維の構造を画像としてとらえたほか、らせん型と直線型を併せ持つ第3の構造を初めて明らかにした。

 アミロイドβを食塩水内で蓄積させた場合は、らせん型の線維が多くできるのに対し、塩化カリウム溶液の中で蓄積した場合は両方の構造を持つ線維が多くなった。塩分の組成など周囲の環境によって構造が変わることを裏付けた。

 山田教授は、周辺環境を変えることで線維の構造を人為的にコントロールできる可能性を指摘し「将来はアミロイドβが蓄積してもアルツハイマー病の発症を予防できるようになる可能性がある」と話している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人