つなごう医療 中日メディカルサイト

胃に過形成性ポリープ

紙上診察室

(2016年8月16日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

Q 胃に過形成性ポリープ

 3年前に胃カメラの検査を受け、2センチの大きさの過形成性ポリープがあると分かりました。年に一度検査を受けていますが、変化はありません。ピロリ菌検査は陰性でした。治療は必要ですか。 (女性・60歳)

A ピロリ菌の再検査も

 胃過形成性ポリープのある人は、通常は胃にピロリ菌が存在します。菌が体に入ると、胃内にすみつきます。菌により、胃粘膜は萎縮を起こし、一部の人は胃に過形成性ポリープができるのです。

 萎縮が進むと、ピロリ菌がすめる胃の範囲が少なくなり、一部の人は菌の数が減ってきて、菌が自然消滅することもあります。

 ピロリ菌検査は、菌の数が少ないと陰性と判定されます。陰性の場合には、別の方法で保険適用の菌検査をもう一回受けられます。再検査で陽性であれば、除菌治療を受けてください。除菌により、胃過形成性ポリープの大部分は小さくなり、完全に消えることもあります。

 胃過形成性ポリープは良性ですが、2センチ以上になると2%程度はがん化するとされています。がん化すると、形や大きさが変化します。質問者は大きさが2センチと大きめですが、変化はないようですので、年に1回の胃内視鏡検査で経過をみるのは間違いではありません。一方で、2センチ程度のポリープを内視鏡で切除するのは難しいことではありません。切除に要する時間は数分程度で、痛みもありません。

 ピロリ菌の再検査や内視鏡的治療に関しては、主治医と相談してください。ただし、ポリープの治療を行った場合でも、定期的な内視鏡検査を続けることが大切です。 (市立敦賀病院長、消化器科・米島学さん)

画像米島学さん
同じ連載記事
歯周病から歯を守るには (2017年11月21日)
ホルモン補充中止で体調悪化 (2017年11月14日)
にきびが治らない大学生の孫 (2017年11月7日)
たこつぼ型心筋症 再発が心配 (2017年10月31日)
斜視は白内障手術できない? (2017年10月24日)
同じジャンルの最新ニュース
がん治療と仕事両立 後押し 名古屋で支援センター 病院に無料相談窓口 (2017年11月17日)
〈中日病院だより〉(72) 膵臓がん(上) 症状出にくく発見難しい (2017年11月7日)
若さ理由にがん見過ごされた (2017年11月7日)
血液がん 狙い撃ち死滅 阪大、マウスで成功 免疫療法 19年度治験目指す (2017年11月7日)
若年がん患者に治療情報 将来「子どもを持てる」可能性も (2017年10月3日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人