つなごう医療 中日メディカルサイト

義足、義手の可能性に光 日下病院 加藤弘明さん

医人伝

(2016年9月27日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

日下病院(三重県いなべ市) 整形外科医長 加藤弘明さん(38) 

画像「義足や義手でできることは多い」と語る加藤弘明さん

 「義足で疾走し、遠くまで跳ぶ。オリンピックとは違う迫力があった」。交通事故や病気で手足を切断したり、先天的に手脚の一部がない人に、義足や義手の使い方を指導する。リオ・パラリンピック陸上女子走り幅跳び(大腿(だいたい)部など切断)で4位入賞した前川楓選手(18)=名古屋市中村区=にも、アドバイスを送ってきた。現地に駆け付けて応援し、あらためて義足の可能性を感じた。

 障害者スポーツの選手だけでなく、障害がある多くの人や家族と週1回の「義肢装具外来」で、理学療法士らとともに向き合う。手脚を切断した喪失感に苦しむ人もいれば、子どもが生まれつき手脚がなく、思い詰める親もいる。患者や家族が気持ちを吐き出すと、まずは黙って耳を傾ける。そして、目を見て伝える。「手脚がなくても、幸せになれますよ」。多くの人を診て感じていることだ。

 大津市生まれ。両親ともに医師で、「人の役に立ちたい」と同じ道を志した。高知大卒業後、父の背中を追って整形外科の道へ。31歳のとき、日下(くさか)病院に、義肢装具外来を立ち上げた川村次郎医師と出会った。

 当時は、脚を太ももで切断した場合、歩けるようになる確率は30〜50%で、高齢者は極めて難しいと考えられていた。だが、川村医師が診た患者は、ほぼ全員が歩けるようになっていた。「衝撃だった。義足は奥深いとのめり込んだ」。日下病院に勤務し、外来の診療を手伝った。

 川村医師が大切にしたのは、患者の要望を聞いて、それを実現できるようにサポートすること。太ももを切断した70代の女性は、主治医から一生車いす生活だと宣告されたが、歩きたいと願い川村医師を訪ねた。3カ月の訓練で一本のつえだけで歩けるように。「まさに、その人の人生を変えた。医学の常識にとらわれず、患者を一番に考えることが大事なんだと教わった」

 5年前、川村医師から義肢装具外来を引き継いだ。これまで担当した患者は60人。生後10カ月から80代まで幅広い。パラリンピックで使われる板バネのスポーツ義足や電動の義手など、扱う機器も進歩する。「義足や義手の可能性は無限に広がっている。だから面白いし、やりがいがある」。そう強く感じている。(宿谷紀子)

同じ連載記事
「頼みの綱」重責を力に 滋賀県立小児保健医療センター 吹上謙一さん (2017年3月21日)
がん検診を当たり前に 聖隷浜松病院 吉田雅行さん (2017年3月14日)
「食べる幸せ」を支える 金沢在宅NST経口摂取相談会 綿谷修一さん (2017年3月7日)
民間病院の経営を研究 日本福祉大大学院 中島明彦さん (2017年2月28日)
喫煙の害を地域に説く 加藤医院 加藤一晴さん (2017年2月21日)
同じジャンルの最新ニュース
弾性ストッキングで軽く 脚のむくみ 悪化すると血栓に (2016年10月25日)
半月板の傷で膝痛 (2016年8月30日)
2年前から腰と膝が痛む (2016年7月26日)
人工関節、良い製品を ひざ、股関節の痛みを解消 (2016年7月12日)
軽い脊柱側彎症治療必要? 専門の医療機関受診を (2016年5月17日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人