つなごう医療 中日メディカルサイト

iPSで がん狙い撃ち 京大 キラーT細胞を改良

(2016年11月22日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する
画像

 特定のがん細胞を死滅させる強力な力を持つ免疫細胞を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作ることに成功したと京都大の河本宏教授(免疫学)らのチームが21日付の米医学誌電子版に発表した。免疫細胞は「キラーT細胞」で、体外で増やしてがん患者に投与する治療法が想定されている。

 チームはこれまでもiPS細胞からキラーT細胞を作っていたが、今回、狙ったがん細胞だけを殺傷する力を高めており、白血病などの免疫療法への応用に一歩前進としている。

 チームは、がん細胞を攻撃する遺伝情報を持つキラーT細胞から、いったんiPS細胞を作り、このiPS細胞から再びキラーT細胞を作る際、分離方法に工夫を加えることで、より良質のものを作り出した。

 このキラーT細胞を急性骨髄性白血病の患者3人から採取した細胞と試験管内で混ぜると、がん細胞が死滅した。白血病に近い状態のマウスを使った実験でも正常な細胞を傷つけずに延命させる効果があった。

 河本教授は「今後、作ったキラーT細胞を大量に増やす方法を確立し、早期の臨床試験を目指したい」と話している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人