つなごう医療 中日メディカルサイト

「患者によいこと」第一に 福井大病院 林寛之さん

医人伝

(2016年12月6日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

福井大病院(福井県永平寺町) 総合診療部教授 林寛之さん 

画像研修医向けの講習ビデオを撮影するなど、若手の育成にも力を注ぐ林寛之さん

 最先端の機器で、さまざまな検査を受けても病気が分からない。そんな人に普段の暮らしぶりを尋ねると、隠れている病気と治療法が浮かび上がってくる。診療科にこだわらず幅広く診る総合診療医で、患者の「生活史」をヒントに診療し、テレビでもおなじみだ。

 1986年に自治医科大を卒業。地元の福井に戻り、小さな病院に勤務した後、救急医療もできる外科医を目指し91年にカナダへ留学。けがの治療を学ぶつもりが、留学先の病院は内科系の救急搬送が圧倒的に多く、それが転機になった。

 ER(救急室)の現場では、素早い診断が不可欠。その力を付けようと、1カ月に40もの論文を読み込む同僚に衝撃を受け「基本をきちんと押さえないと」と、猛勉強を始めた。

 発熱した患者も、風邪と決めつけず症状から答えを考える。日本では熱があると簡単に抗生剤を出しがちだが、それでは体内の良い細菌も殺してしまう。患者の利益優先の考え方をたたき込まれた。自身も若手に「アリを殺すのにバズーカを使うのか?」と問うようになった。

 帰国後は希望とは違う成人病センターで健康診断を担当したり、田舎町の診療所に勤務したりした。この経験も「生活史から治療法がみえる」という考えの原点になった。

 ある日、両手の指先のしびれを訴えて男性が受診した。大きな病院で検査を受けたが原因不明と言われたという。「何かした?」と聞いても「何もしていない」。「畑は?」と水を向けると「してるよ。おとといはダイコンを200本抜いた」と語りだした。病気ではないと判断し、数日はダイコンを抜かないように伝えると、すぐに治った。

 日本で総合診療やER医が注目され始めたのは、2000年代。「大学が臓器専門医ばかり育てようとしてきた。救急も各分野の専門医が集まって、自分の専門外は受け付けないこともあった」

 その傾向は今もあると感じる。だから、若手にはさまざまな分野に興味を持ち、診断学への関心を高めてくれるよう期待する。研修医の勉強会ではカニのかぶり物をかぶったりして「3分に1回笑いを取る」。まずは、研修会を親しみやすくするためだ。若手には「初期研修は自分のためじゃなく、患者のため」と伝えている。「患者によいことをする医者に」との願いを込めて。(中崎裕)

同じ連載記事
「頼みの綱」重責を力に 滋賀県立小児保健医療センター 吹上謙一さん (2017年3月21日)
がん検診を当たり前に 聖隷浜松病院 吉田雅行さん (2017年3月14日)
「食べる幸せ」を支える 金沢在宅NST経口摂取相談会 綿谷修一さん (2017年3月7日)
民間病院の経営を研究 日本福祉大大学院 中島明彦さん (2017年2月28日)
喫煙の害を地域に説く 加藤医院 加藤一晴さん (2017年2月21日)
同じジャンルの最新ニュース
劇症肝炎の治療に有効なタンパク質 名大グループ発見 (2017年3月9日)
喫煙の害を地域に説く 加藤医院 加藤一晴さん (2017年2月21日)
重症高血圧と診断されて(下) 食生活の改善 徹底して減塩指導 (2017年2月15日)
重症高血圧と診断されて(上) 「命の危険」判明 (2017年2月14日)
減塩食をおいしく だしで味しっかり出す (2017年1月17日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人