つなごう医療 中日メディカルサイト

丁寧で親身、受診が楽しみな医師

ホンネ外来

(2016年12月20日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 4年前、両目に痛みを感じ、地元の眼科医院に行きました。原因は不明でしたが、目薬をもらいました。ただ痛みはひかず、だんだん見えづらくなりました。その後2回、同じ眼科医に診てもらいましたが目薬を変えるだけで、症状は改善しないどころか、悪くなる一方でした。

 あまりに痛いので別の眼科医院に行くと「角膜がぐちゃぐちゃ。こんなのみたことないですよ」と言われました。

 総合病院を紹介されて行くと「目薬が合っていない。しばらく何もせずにおきましょう」と言われ、1週間後に行くと治っていました。角膜の異常を見つけてくれた眼科医のおかげです。

 以降、ずっとその眼科医院に通院しています。丁寧に話を聞いてくれますし、世間話で眼科以外の治療中の病気について話すと「体のかげんはいかが」「医者はいろいろと治療をしたがるけど、決めるのはあなたよ」と患者の心得をアドバイスしてくれます。毎月、白内障の予防で通っていますが、その眼科医に会うのが、とても楽しみです。(愛知県・女性=71歳)

同じ連載記事
誠意ない往診が苦痛 難聴への配慮に感謝 (2017年3月21日)
スタッフの理性ない言葉にショック (2017年3月7日)
受診した医師が「ネットで調べて」 (2017年2月28日)
治るか聞くと説明無し/看護師の励ましに感謝 (2017年2月21日)
国籍を問題にする医師 (2017年2月14日)
同じジャンルの最新ニュース
事故多い組み体操の「倒立」 準備練習を十分に (2017年3月24日)
電動車いすで鉄道 訪日外国人もOK (2017年3月22日)
◇地域包括ケアシステムを考えるほか (2017年3月21日)
「頼みの綱」重責を力に 滋賀県立小児保健医療センター 吹上謙一さん (2017年3月21日)
冷蔵庫に「医療情報キット」 持病や薬、連絡先など記入 自治体が配布 手作りで備える人も (2017年3月21日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人