つなごう医療 中日メディカルサイト

「そんなの診られない」医師発言にがっかり

ホンネ外来

(2017年1月10日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 高校生の娘が発熱し、耳の後ろに腫れ物ができたときのことです。何科を受診すればよいか分からず、かかりつけの内科医院につれて行きました。看護師さんに症状を伝え、診てもらえるか聞くと「診られる」と言ってくれました。

 しかし、医師は患部もよく見ず「前からあったんじゃないの」と言います。「悪い病気ではないか」と尋ねると「そんなもん誰にも分からないよ」と怒るように言われました。また「多分、ただのできものだと思うよ」と言うので「ほうっておいて大丈夫なんですか」と聞くと、「99%はね。この世に100%はないから。そんなに心配なら他に行ったら。だいたいうちは内科だから、そんなの診られない」と言うのです。結局、他の医院で診てもらい、飲み薬と塗り薬で治りました。

 人を見下した言い方に感じられました。娘が幼稚園のころから通っていたクリニックで、昔は予防接種のときにおもちゃをくれたり、丁寧な診察をしてくれたりしていたので残念です。 (愛知県=女性・51歳)

同じ連載記事
総合病院で専門外の医師担当 (2017年7月11日)
通院嫌い 薬だけ求める糖尿病患者 月1回診察でリスク管理 合併症防ぐため生活指導 (2017年7月4日)
顔の傷痕「そのままでも…」にショック (2017年6月27日)
親身な2人の医師に感謝 (2017年6月20日)
認知症の診断書、なかなか書いてもらえず (2017年6月13日)
同じジャンルの最新ニュース
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (下) 親亡き後の自立見据え (2017年7月20日)
暑いから不快だから涼む× (2017年7月20日)
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (上) 通所作業で気持ち安定 (2017年7月19日)
105歳医師 命大切さ訴え続け 日野原重明さん死去 (2017年7月19日)
日野原重明さん死去 105歳の医師 「生活習慣病」提唱 (2017年7月18日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人