つなごう医療 中日メディカルサイト

iPS視細胞で 光の感覚が回復

(2017年1月11日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する
iPS細胞を使い、光を感じる機能が回復するイメージ

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を網膜の視細胞に変化させ、末期の「網膜色素変性症」で失明したマウスに移植すると、目に光を感じるようになったとの研究成果を、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが10日付の米科学誌電子版に発表した。光を感じる機能を、iPS細胞を使って回復できることを確認したのは初めてという。

 万代道子副プロジェクトリーダーは「現段階では少し光が分かり、視野が少し広がる程度だと思う」と説明。人のiPS細胞でも検証し、臨床研究を2年以内に申請したいとしている。

 視細胞は光を受け取り、網膜の神経細胞に伝達する。視細胞が変性し失われていくと網膜色素変性が起き、視力が低下し、失明することがある。

 チームは実験で、マウスがいる部屋が光ると5秒後に電気ショックを与え、マウスが光を感じた場合は、電気ショックを受けないよう隣の部屋に逃げられるようにした。

 その結果、末期の網膜色素変性症で失明した9匹のマウスは逃げなかった。一方、iPS細胞から作った網膜のもとになる組織を両目に移植し、視細胞に変化させた10匹のうち4匹は、部屋が光ると逃げるようになり、光を感じる機能が回復した。

 移植した部分は全体の視野の5%未満で、移植範囲を広げれば回復率が向上する可能性がある。

 チームの高橋政代リーダーらは2014年、iPS細胞から作製した網膜色素上皮細胞を、「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性」で視力が低下した患者に移植する世界初の手術に成功。視力を維持する効果はあったが、光を感じる機能が回復したかは検査上確認できていない。

 網膜色素変性症 遺伝子の変異が原因で、目の奥で光を受け取る網膜の視細胞がだんだんとなくなっていき、視野が狭くなったり、暗がりで物が見えにくくなったりする難病。失明することもある。理化学研究所によると、原因遺伝子は70以上あり、患者は3000人に1人と推定されている。治療法は確立していない。

同じジャンルの最新ニュース
誠意ない往診が苦痛 難聴への配慮に感謝 (2017年3月21日)
iPSで脊髄損傷治療 (2017年2月11日)
他人のiPS 網膜移植 (2017年2月7日)
ロボでも2時間もたず (2017年2月3日)
福島格納容器内530シーベルト (2017年2月3日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人