つなごう医療 中日メディカルサイト

「専門じゃない」と問診もせず

ホンネ外来

(2017年1月17日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 10日付の「『そんなの診られない』 医師発言にがっかり」と同じような経験をしました。

 昨年の夏、旅先で発熱し、夜間外来で点滴を受けました。翌日に熱は下がりましたが、帰りの運転中にまぶたが腫れてきました。

 次の日、地元の公立病院に行きました。皮膚科は休診で、何科で診てもらったらよいかと迷っていると、看護師さんが形成外科を勧めてくれました。

 しかし、腫れ上がった私のまぶたを見た医師は、私がいすに座るより前に「専門じゃないので」。問診もされないまま、遠方の専門病院をすすめられたり、「あした来て皮膚科を受診して」と言われたりしました。診察らしいことは何一つしてもらっていないのに、初診料も取られました。

 病院を出てすぐに、自宅近くの内科診療所を受診すると、血圧や体温を測り、血液の検査やエックス線撮影もしてくれました。まぶたが腫れた原因は結局分かりませんでしたが、詳しく診てもらえて安心できました。

  (石川県=男性・57歳)

同じ連載記事
総合病院で専門外の医師担当 (2017年7月11日)
通院嫌い 薬だけ求める糖尿病患者 月1回診察でリスク管理 合併症防ぐため生活指導 (2017年7月4日)
顔の傷痕「そのままでも…」にショック (2017年6月27日)
親身な2人の医師に感謝 (2017年6月20日)
認知症の診断書、なかなか書いてもらえず (2017年6月13日)
同じジャンルの最新ニュース
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (下) 親亡き後の自立見据え (2017年7月20日)
暑いから不快だから涼む× (2017年7月20日)
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (上) 通所作業で気持ち安定 (2017年7月19日)
105歳医師 命大切さ訴え続け 日野原重明さん死去 (2017年7月19日)
日野原重明さん死去 105歳の医師 「生活習慣病」提唱 (2017年7月18日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人