つなごう医療 中日メディカルサイト

治療後の生活の質重視 名古屋市立大病院 耳鼻咽喉科部長 村上信五さん

医人伝

(2017年1月31日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

名古屋市立大病院(名古屋市瑞穂区) 耳鼻咽喉科部長 村上信五さん(63) 

画像顔面神経まひや聴神経腫瘍などの手術を多く手掛ける村上信五さん

 耳や鼻、口、喉は日常生活でコミュニケーションを取るのに極めて重要な器官。耳鼻咽喉科を「五感のうち三感を診る、患者の生涯にかかわる医療」と言う。顔面神経まひや聴神経腫瘍、耳管機能障害などの手術や治療を多く手掛けてきたが、治療後、患者の生活の質を低下させないことを目指す。患者の話に耳を傾けながら症状を入念に診察し、治療する。

 駆け出しの愛媛大時代、恩師の手術の技術に魅せられた。米スタンフォード大にも留学し、そこでも技術を磨いた。

 聴神経腫瘍の手術では、顔面神経や聴力に後遺症が残るケースもあるが、執刀した患者の多くがその機能を保っている。その保存率は、全国屈指の高い水準だ。耳管機能障害の治療では、先端機器を使わず、鼓膜にテープを張るだけの簡易治療法を開発し、現在、広く取り入れられている。

 病気の原因の研究でも、大きな成果を得た。顔面神経まひの6割はベルまひという疾患だが、その原因は長年、分かっていなかった。1980年代に出身の愛媛大で研究を始め、米国から帰国後の90年代に、水疱(すいほう)が生じるヘルペスウイルスが主な原因だと解明した。

 愛媛県今治市の瀬戸内海に浮かぶ大島で生まれ育った。戦国時代に水軍(海賊)で栄えた村上家の子孫という。10歳で、父親の転勤で大阪へ。医師に崇高なイメージを持ち憧れて、愛媛大に進んだ。卒業後は、同大病院など愛媛県内の3病院で治療経験を重ねた。

 「小さい病院だから、と腐ってはいけない。治療を多く経験でき、他診療科の医師とも交流が活発。担当科内だけで仕事をしがちな大病院より学ぶことが多い。これは若い人たちに伝えたい」

 愛媛で18年、名市大に教授の公募で移って18年。現在は耳鼻咽喉・頭頸(とうけい)部外科学教授として後進の育成にも励む。授業では、「引っ越しと転勤で培った処世術」も発揮し、例えやことわざを取り入れたり、ユーモアを交えたりして分かりやすさを心がける。「学生にとって一生の思い出に残る講義をしたい」

 日本耳科学会理事長など、多数の関連学会役員も務める。高齢者には、認知症やうつの発症につながる難聴を患う人が増えており、その対策にも取り組んでいる。(室木泰彦)

同じ連載記事
ヘルニア手術 負担軽く 福井県立病院 上田康博さん (2017年8月15日)
亡き友思い白血病研究 信州大医学部 盛田大介さん (2017年8月8日)
障害児家族に息抜きの場 滋賀県立小児保健医療センター 熊田知浩さん (2017年8月1日)
成長期の子どもの体守る 名古屋スポーツクリニック 杉本勝正さん (2017年7月25日)
骨粗しょう症予防に奮闘 金沢骨を守る会 三浦雅一さん (2017年7月11日)
同じジャンルの最新ニュース
ゴルフ場の酒提供「過失」 (2017年8月17日)
水俣病終わってない 水銀規制 水俣条約発効 被害者ら会議参加へ (2017年8月17日)
滑川の開業医・警察嘱託医務め引退 故郷の医療 半世紀支え (2017年8月16日)
◇「癒やしの環境研究会 愛知全国大会」ほか (2017年8月15日)
マスク取りに帰らす/闘病支えられた10年 (2017年8月15日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人