つなごう医療 中日メディカルサイト

国籍を問題にする医師

ホンネ外来

(2017年2月14日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 以前、健康診断をきっかけに病院で、肝臓の病気と診断されました。それ以来、2カ月に一度、通院して投薬と診察をしてもらっています。

 ある日、問診で医師から「あなた、外国の人でしょう。ニンニクはあまり食べない方がいいですよ」と言われました。どういう意味か疑問に思いつつ、その日はそのまま帰りましたが、後日、医師に「どういう意味ですか。どの国にもニンニクを食べる人も、食べない人もいます」と尋ねました。すると、その医師は「そんなこと言ったかなあ」と、覚えてすらいませんでした。また、病気について話し合っているときに「あなた、日本語が通じないでしょう」と言われたこともあります。

 こうした発言をする医師の感覚が信じられません。私は国籍は違いますが、日本で生まれ、育ち、生きています。そもそも医療者は、外国人も日本人も区別なく同じように診察をするのが本来の姿だと思います。先生を信頼して通院していましたが、もうその病院には行きません。(愛知県=女性・81歳)

同じ連載記事
主治医の丁寧な説明に感謝 (2017年9月19日)
問診票見て「こんなに治せるか」 (2017年9月12日)
誠実な説明、頼れる歯科医 (2017年9月5日)
脚の付け根骨折 手術に4日待つ (2017年8月29日)
検査頼んだら「紹介状書くけど、笑われるよ」 (2017年8月22日)
同じジャンルの最新ニュース
使い捨て機器再使用 大阪市大病院と大阪国際がんセンター (2017年9月20日)
◇名古屋アルファ・クラブ記念講演会ほか (2017年9月19日)
主治医の丁寧な説明に感謝 (2017年9月19日)
〈味な提言〉(11) 石川の魚の発酵食 野菜と合わせごちそうに (2017年9月17日)
ヒアリ 正しい治療法 「毒」に致死性なし ショック症状注意 (2017年9月15日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人