つなごう医療 中日メディカルサイト

国籍を問題にする医師

ホンネ外来

(2017年2月14日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 以前、健康診断をきっかけに病院で、肝臓の病気と診断されました。それ以来、2カ月に一度、通院して投薬と診察をしてもらっています。

 ある日、問診で医師から「あなた、外国の人でしょう。ニンニクはあまり食べない方がいいですよ」と言われました。どういう意味か疑問に思いつつ、その日はそのまま帰りましたが、後日、医師に「どういう意味ですか。どの国にもニンニクを食べる人も、食べない人もいます」と尋ねました。すると、その医師は「そんなこと言ったかなあ」と、覚えてすらいませんでした。また、病気について話し合っているときに「あなた、日本語が通じないでしょう」と言われたこともあります。

 こうした発言をする医師の感覚が信じられません。私は国籍は違いますが、日本で生まれ、育ち、生きています。そもそも医療者は、外国人も日本人も区別なく同じように診察をするのが本来の姿だと思います。先生を信頼して通院していましたが、もうその病院には行きません。(愛知県=女性・81歳)

同じ連載記事
誠意ない往診が苦痛 難聴への配慮に感謝 (2017年3月21日)
スタッフの理性ない言葉にショック (2017年3月7日)
受診した医師が「ネットで調べて」 (2017年2月28日)
治るか聞くと説明無し/看護師の励ましに感謝 (2017年2月21日)
検査結果の丁寧な説明に安心 (2017年2月7日)
同じジャンルの最新ニュース
事故多い組み体操の「倒立」 準備練習を十分に (2017年3月24日)
電動車いすで鉄道 訪日外国人もOK (2017年3月22日)
◇地域包括ケアシステムを考えるほか (2017年3月21日)
「頼みの綱」重責を力に 滋賀県立小児保健医療センター 吹上謙一さん (2017年3月21日)
冷蔵庫に「医療情報キット」 持病や薬、連絡先など記入 自治体が配布 手作りで備える人も (2017年3月21日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人