つなごう医療 中日メディカルサイト

喫煙の害を地域に説く 加藤医院 加藤一晴さん

医人伝

(2017年2月21日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

加藤医院(浜松市西区) 院長 加藤一晴さん(57)   

画像「喫煙」を禁じる息神社の看板を指し示す加藤一晴さん

 内科医院を開業し、主に糖尿病の治療や禁煙の指導に取り組む。禁煙外来では1200人を診てきた。2010年度からは、静岡県内の医師や薬剤師などでつくる「こどもをタバコから守る会」の代表を務める。

 たばこを吸い続けると肺がんや慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)、心筋梗塞などを引き起こしやすくなる。そうした危険や受動喫煙について周知し、地域社会の禁煙化に力を入れる。

 その成果の一つが、医院近くにある息(おき)神社の大祭。山車が繰り出し、露店が並ぶ地域の代表的な祭りだ。以前は祭りが終わると、辺りはポイ捨てされた吸い殻だらけになっていた。そこで、自治会に働きかけ、2005年から禁煙化に取り組み、08年に境内と周辺道路を完全禁煙とした。今は地域をはじめ、祭りに関わる人全てが協力する。「受動喫煙の有害性を啓発する場になった。神社周辺がまさに聖域になった」と喜ぶ。「子どもを連れた参拝者が増えている」という声もあるという。

 「中学と高校の6年間でたばこに興味を持ち、吸い始める子が多い」と、母校でもある浜松市雄踏小学校では20年近く、毎年6年生を対象にたばこの害について講演している。子どもから保護者に禁煙を促してもらうことが狙いの一つ。親に喫煙の習慣があると、その子どもたちもたばこに興味を持ったり、受動喫煙になったりするからだ。

 13年5月に男子寮2棟が全焼し、男子生徒の遺体がみつかる火災が発生した愛知県新城市の黄柳野(つげの)高校にも08年から足を運ぶ。この火災の原因はたばことみられる。同校では07年にたばこの不始末が原因とみられるぼやが寮で発生し、その後、校内に喫煙場所が設けられていることが分かった。喫煙は治療法が確立されているのだから、学校は生徒を処分するのではなく禁煙をサポートするべきだと主張し、高校から講演依頼を受けたことがきっかけだった。

 かつては自分も1日20本を吸っていた。子どもが生まれ、医師がたばこを吸っていてはいけないと考え、34歳でやめた。

 祖父、父も医師。愛知医科大を卒業後、総合病院勤務を経て1999年に父から医院を引き継いだ。「喫煙が関係する病気は予防できるのだから、リスクをゼロにしたい。遅すぎる禁煙はない」と話す。 (渡辺聖子)

同じ連載記事
カテーテル療法に熱意 福井県済生会病院 宮山士朗さん (2018年1月16日)
内視鏡で「理想の手術」 名古屋市立大大学院 瀧口修司さん (2018年1月9日)
メスを捨て「町医者」に 水野医院 水野敏彦さん (2017年12月26日)
難病「骨化症」研究に力 整形外科准教授 辻崇さん (2017年12月19日)
症状でなく、人生を診る 医王ケ丘病院 岡宏さん (2017年12月12日)
同じジャンルの最新ニュース
たばこ原因の医療費1.4兆円  (2018年1月15日)
肝炎の最新治療法紹介 野洲で22日 助成制度も解説 (2017年10月20日)
「18歳で成人」法改正しても 酒・たばこ 20歳から (2017年8月31日)
受動喫煙 線引き先送り (2017年8月14日)
高脂血症の新薬承認 副作用少なく、腎・肝臓患者に投与目指す (2017年7月19日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人