つなごう医療 中日メディカルサイト

受診した医師が「ネットで調べて」

ホンネ外来

(2017年2月28日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 右手の親指がズキズキと痛むようになり、1カ月ぐらい続いたため、近くの総合病院の整形外科を受診しました。

 30歳前後の男性医師に「多分、けんしょう炎ですね。できるだけ使わないように」と言われました。しかし、私は美容関係の仕事をしており、指を使わないわけにはいきません。どうしたらよいか尋ねると、医師は「最近はインターネットでいろいろな対処法を調べられる」と言いました。

 あぜんとしていると、医師はパソコンに向かって電子カルテか何かを打ち込み始めたまま、こちらを見ようともしません。診察が終わったのかどうかも分からず、そのまま座っていると、そばにいた看護師さんが「ごめんなさいね」と謝りました。

 ネットで調べてすむのなら、医師なんていりません。プロにどうしたらよいか教えてほしかったのに、これでは病院に行った意味がありません。診察代を返してほしい気持ちになりました。この病院には二度と行きません。(岐阜県=女性・51歳)

同じ連載記事
誠意ない往診が苦痛 難聴への配慮に感謝 (2017年3月21日)
スタッフの理性ない言葉にショック (2017年3月7日)
治るか聞くと説明無し/看護師の励ましに感謝 (2017年2月21日)
国籍を問題にする医師 (2017年2月14日)
検査結果の丁寧な説明に安心 (2017年2月7日)
同じジャンルの最新ニュース
事故多い組み体操の「倒立」 準備練習を十分に (2017年3月24日)
電動車いすで鉄道 訪日外国人もOK (2017年3月22日)
◇地域包括ケアシステムを考えるほか (2017年3月21日)
「頼みの綱」重責を力に 滋賀県立小児保健医療センター 吹上謙一さん (2017年3月21日)
冷蔵庫に「医療情報キット」 持病や薬、連絡先など記入 自治体が配布 手作りで備える人も (2017年3月21日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人