つなごう医療 中日メディカルサイト

受診した医師が「ネットで調べて」

ホンネ外来

(2017年2月28日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 右手の親指がズキズキと痛むようになり、1カ月ぐらい続いたため、近くの総合病院の整形外科を受診しました。

 30歳前後の男性医師に「多分、けんしょう炎ですね。できるだけ使わないように」と言われました。しかし、私は美容関係の仕事をしており、指を使わないわけにはいきません。どうしたらよいか尋ねると、医師は「最近はインターネットでいろいろな対処法を調べられる」と言いました。

 あぜんとしていると、医師はパソコンに向かって電子カルテか何かを打ち込み始めたまま、こちらを見ようともしません。診察が終わったのかどうかも分からず、そのまま座っていると、そばにいた看護師さんが「ごめんなさいね」と謝りました。

 ネットで調べてすむのなら、医師なんていりません。プロにどうしたらよいか教えてほしかったのに、これでは病院に行った意味がありません。診察代を返してほしい気持ちになりました。この病院には二度と行きません。(岐阜県=女性・51歳)

同じ連載記事
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
ナースコールに「運転中」 病室で看護師たちが私語 (2017年10月3日)
うつ病の妹に医師が心ない言葉 (2017年9月26日)
主治医の丁寧な説明に感謝 (2017年9月19日)
問診票見て「こんなに治せるか」 (2017年9月12日)
同じジャンルの最新ニュース
名大病院ミス 患者死亡 50代患者がん疑い見落とし (2017年10月20日)
◇リビングウイル研究会東海地方会ほか (2017年10月17日)
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
〈味な提言〉(1) 平均寿命と健康寿命 元気で長生き 食生活から (2017年10月15日)
藤田保健衛生大 改名へ 少子化対策でブランド一新 (2017年10月12日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人