つなごう医療 中日メディカルサイト

防災大賞にさくらピア

(2017年3月7日) 【中日新聞】【朝刊】【愛知】 この記事を印刷する
画像表彰状を手にする本田さん(中)ら=愛知県豊橋市東新町で

 愛知県豊橋市東新町の市障害者福祉会館(さくらピア)が2月、内閣府などが主催する「防災教育チャレンジプラン」で最優秀賞の防災大賞を受賞した。会館を利用する団体に防災訓練を行ってもらう取り組みや、障害者の避難所体験などが評価された。

 さくらピアは、車いす利用者や聴覚障害者などが、サークル活動の場として使用している。昨年は実際の活動時間中に「防災タイム」と題して避難訓練を行い、計688人が参加。主に障害者が施設に寝泊まりする「避難所体験」や、親子で手話や防災グッズを学ぶ教室も開いた。

 本田栄子事務長は「防災タイムは予算が要らず、どこでもまねできる。市全体に広がってほしい」と話した。

 防災教育チャレンジプランには、全国の学校など15団体が参加。この1年で取り組んだ防災活動の成果から優秀賞、特別賞各2団体も選ばれた。

 11日午前10時からは、これまでの取り組みを詳しく発表する「防活ミーティング」をさくらピアで開く。要申し込み。(問)さくらピア=0532(53)3153

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人