つなごう医療 中日メディカルサイト

眼球満たすゲルを開発

(2017年3月10日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

網膜治療で負担軽減 東大・筑波大

目の治療に使うゲルの働き

 眼球の内部を満たし、目の形を保っている硝子体(しょうしたい)として使えるゲルを開発したと、東京大と筑波大のチームが10日付の英科学誌に発表した。将来、網膜剝離など目の病気の手術に活用することで、患者の負担を減らせる可能性があるという。

 硝子体は、目に入った光の情報を脳へ伝える網膜と接している。網膜剝離の治療では、硝子体をガスなどで満たし、剝がれた網膜を接着させる手術が行われるが、手術後に入院してうつぶせの姿勢を続けたり、場合によって再手術を受けたりする必要がある。新たなゲルを使えばこうした課題を解消できるとしている。

 チームは液体からゲル状になる時間を10分以下に短縮することに成功。液体として目に注入し、内部で速やかに固まるようにした。このゲルを網膜剝離のウサギの目に注入して1年以上観察した結果、網膜は正常になり、炎症もなかった。

 硝子体は一度失われると再生しないため、人工組織の開発が期待されていた。チームの岡本史樹・筑波大講師は「このゲルを使えば日帰りで手術できる。2〜3年後には臨床試験をしたい」と話している。

同じジャンルの最新ニュース
駅の点字ブロック 「線付き」義務化へ (2017年3月22日)
ぶどう膜炎失明原因にも (2017年3月21日)
黄斑疾患 短時間で診断 (2017年3月14日)
目に効くサプリ「根拠なし」 (2017年3月10日)
増えている加齢黄斑変性 (2017年3月7日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人