つなごう医療 中日メディカルサイト

誠意ない往診が苦痛 難聴への配慮に感謝

ホンネ外来

(2017年3月21日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 大腸がんの手術をしました。私は難聴で、聞こえない不安と初めての手術に緊張し、足のすくむ思いで手術室に入ったとき、数人の看護師さんが「どうぞ、よろしく」と大きく書いた紙を手に笑顔で迎えてくれました。涙が出るほどうれしく、緊張がほぐれて安心できました。

 術後は、主治医がパソコンを読みやすく打って対応してくれました。難聴でも困ることなく、一人で通院しています。このような優しい病院がもっと増えることを願っています。

 (愛知県=女性・88歳)

 母はがんが進行して治療できなくなり、自宅での最期を希望しました。往診に来た女医は明らかに面倒くさいといった態度で、在宅ではできないとか病状は悪化しているなどと言うばかり。母を診ることも触ることもせずに薬の在庫だけ聞いて帰ることもありました。全く信頼できず、往診が苦痛でした。在宅医療についてもっと考えてほしかったです。 (愛知県=女性・38歳)

同じ連載記事
医師に治療法尋ねたら態度急変 (2017年4月25日)
姉が急逝、検査で励まされる (2017年4月18日)
書類お願いしたら不満の声 (2017年4月11日)
子ども歯科の医師が長男怒鳴る (2017年4月4日)
祖母に「あと2、3日」の言葉忘れられない (2017年3月28日)
同じジャンルの最新ニュース
他人の幹細胞で皮膚再生 阪大、難病に治験開始へ (2017年4月17日)
iPS細胞 最新の研究紹介 山中所長(京都大研究所)ら 中区で講演 (2017年4月9日)
じん肺の認定 遺族も請求権 最高裁が初判断 (2017年4月7日)
一審無期 元名大生側が控訴 高裁 量刑も争点に (2017年4月7日)
人の受精卵からES細胞作製へ 京大、厚労省に申請 (2017年4月3日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人