つなごう医療 中日メディカルサイト

自閉症への理解高めて 少年の自立描いた米映画 4月公開

(2017年3月28日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する
画像映画「ぼくと魔法の言葉たち」の主人公・オーウェン

 自閉症の子が、ディズニーアニメを足掛かりに、コミュニケーションの力を伸ばし、自立へ歩んでいく姿を描いた米国のドキュメンタリー映画「ぼくと魔法の言葉たち」(ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督)が各国で話題を呼んでいる。日本でも4月から東京、名古屋などで公開される予定で、支援者たちは「自閉症への理解と共感を高める作品」と期待している。(編集委員・安藤明夫)

 映画の主人公・オーウェンは、2歳のときに突然、言葉を発しなくなった。医師から自閉症の診断を受け「一生言葉を話せないかもしれない」と告げられた。しかし、オーウェンが6歳のとき、彼の意味不明のつぶやきが、大好きなディズニーアニメ「リトル・マーメイド」のせりふであることに父親が気付いた。

 父親がアニメに出てくるオウムの声色で語りかけると、オーウェンが返事をし、数年ぶりの会話が実現した。オーウェンはディズニーアニメの全場面を記憶していた。家族との会話が増えていくうち、自分の気持ちを伝えたり、相手の思いを察することも少しずつできるようになった。すべてアニメのキャラクターのせりふや表情から学んだことだ。個別支援教育を受けて入った大学では、ディズニークラブを主宰。卒業後は、障害者用アパートに1人で暮らし、働き、恋する喜び、別れのつらさも経験した。

 有名なジャーナリストでもある父親の著書「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」に感動したウィリアムズ監督が2年間かけて撮影し、ディズニーの許可を得て制作した。今年の米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門賞の候補にもなり、話題を呼んだ。

 オーウェンのように、突然言葉を発しなくなる症状は「自閉症の幼児の一部にみられる」と、辻井正次・中京大教授(発達臨床心理学)。映画の見どころについて「成長するにつれて新しい課題が出てくるが、社会の支援の仕組みがあることで、両親が安心して育てることができるし、オーウェンの前向きさが周りを元気にしている。アニメの逸話だけでなく、自立に向けた記録として見てほしい」と語る。

 映画は4月8日から全国各地で順次公開される。劇場や日程は、「ぼくと魔法の言葉たち」のホームページ(HP)で紹介されている。世界自閉症啓発デーの2日午前10時からは、名古屋市中区のセンチュリーシネマで特別先行上映がある。自閉症の子を育てる作家堀田あけみさんらのトークショーも。参加費1500円。申し込みは市民団体「アスペ・エルデの会」のHP内のセミナー申し込みサイトから。

2日に啓発イベント

 同日は、東京タワーや名古屋・テレビ塔などが、自閉症の国際的なシンボルカラーの青にライトアップされるほか、自閉症の社会啓発を図るコンサートなどのイベントが各地である。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人