つなごう医療 中日メディカルサイト

【生活ヒヤリ劇場】まつげエクステや付け爪

(2017年3月30日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

市販接着剤から有害物質

自分に合った接着剤を

 専用の接着剤で人工のまつげを付け足す「エクステンション」や「付け爪」が、手軽におしゃれを楽しめるとして女性に人気だ。だが、市販の接着剤の一部から皮膚炎などの原因となる化学物質ホルムアルデヒドが検出され、東京都が注意を促している。

 都は「爪が黄ばんだ」「涙が止まらなくなった」などの相談を受け、エクステ用と付け爪用の接着剤を10商品ずつ調査。揮発成分を調べた結果、全ての商品からホルムアルデヒドが検出されたという。

 接着剤のホルムアルデヒド量を規制する法律は付けまつげ用にはあるが、エクステ用や付け爪用にはない。まつげのエクステ施術には美容師免許が必要で、都は「自分でやらないで」と話している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人