つなごう医療 中日メディカルサイト

暑くもないのに大量の汗

紙上診察室

(2017年4月4日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

Q 暑くもないのに大量の汗

 50歳ごろから、暑くもないのに首や腕、背中など上半身に大量の汗をかき、寒い時には手足も冷えます。脳などの検査は異常なしです。何科を受診すればいいですか?(女性・68歳)

A 漢方専門医で受診を

 上半身のみに汗をかく症状で受診する人は珍しくありません。2つのタイプがあり、1つはホットフラッシュと呼ばれ、じっとしていてもじわっと汗ばんでくるものです。更年期によく見られる「血管運動神経症状」です。女性ホルモンの急激な減少により、発汗や体温調節をおこなう自律神経の働きが乱れることが原因です。

 もう1つは「冷えのぼせ」と呼ばれる冷え性の1つです。例えば、寒いときに駅まで歩き電車に乗ったら、ドーッと汗をかき、汗が蒸発するときに体温が下がる状態がそうです。冷えのぼせは幅広い年代に見られ、更年期に限りません。

 冬から春にかけて「手足が冷える」と来院する人が特に増えますが、冷えのぼせの人もいます。主な原因は年度末の慌ただしさやストレスです。冷えのぼせの人は緊張で交感神経が働きすぎ、手のひらや足の裏、脇などに汗をかきやすくなり、汗が引くと冷えを感じるのです。

 どのタイプも漢方に詳しい医師や専門医の受診を勧めます。治療には漢方薬が効果的ですが、体質や症状ごとに適した薬は違います。更年期のホットフラッシュではホルモン治療もあります。希望する人は婦人科の治療がよいでしょう。

 どのタイプも交感神経の働きが高まると悪化します。普段からリラックスして十分に質の良い睡眠をとってください。

 (目黒西口クリニック院長・南雲久美子さん)

南雲久美子さん 南雲久美子さん
同じ連載記事
早朝のこむら返り、減らすには? (2017年7月11日)
白内障手術後、全体がかすむ (2017年7月4日)
前立腺がん手術後、PSA値上昇 (2017年6月27日)
激しいめまい 再発が不安 (2017年6月20日)
楕円の光 見えては消える (2017年6月13日)
同じジャンルの最新ニュース
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (下) 親亡き後の自立見据え (2017年7月20日)
暑いから不快だから涼む× (2017年7月20日)
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (上) 通所作業で気持ち安定 (2017年7月19日)
105歳医師 命大切さ訴え続け 日野原重明さん死去 (2017年7月19日)
日野原重明さん死去 105歳の医師 「生活習慣病」提唱 (2017年7月18日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人