つなごう医療 中日メディカルサイト

女性の健康 経済に影響

心と体すっきりナビ

(2017年4月4日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 私は長年、名古屋を中心に、乳がんの早期発見や治療の大切さを訴えるピンクリボン運動を行ってきました。啓発活動をしていると、よく男性の方に「乳がんは女性に多い病気でしょ? 俺たちには関係ないよね」と言われます。

 確かに、乳がんは女性の約12人に1人がかかると言われ、女性に多い病気です。しかし、男性の皆さんに、関係ないとは言えません! 子宮頸(けい)がんや乳がん、生理痛や生理前に体調を崩すPMS(月経前症候群)という病気、不妊症や更年期など、多くの女性を悩ませている病気は、実は日本経済にも影響を与えているのです。

 民間シンクタンクの日本医療政策機構(東京)が昨年まとめた試算では、働く女性が婦人科系の病気になると、治療費がかかるほか、休業などで賃金が下がり、社会が被る経済損失は年間約6兆円に上ると報告されています。

 身近なところでは、もっと大きな影響になるはず。子育て中の妻が入院し、育児や家事ができなくなったら...。会社で戦力になっている女性社員が治療のために働けなくなってしまったら...。想像してみてください。

 男性の皆さん。これからは女性の健康や社会的な問題にも目を向けていただけたら、うれしいです。女性の皆さんも一緒に、心も体も元気でいられる本当の健康を目指しましょう!(産婦人科医・伊藤加奈子)

同じ連載記事
〈心と体 すっきりナビ〉 大人の発達障害に注意 (2017年8月15日)
〈心と体 すっきりナビ〉 一生で経験する月経増加 (2017年8月8日)
〈心と体 すっきりナビ〉 脱水予防には水や麦茶 (2017年8月1日)
〈心と体 すっきりナビ〉 胃腸を整え、夏ばて予防 (2017年7月25日)
〈心と体 すっきりナビ〉 生理痛、我慢せず受診を (2017年7月11日)
同じジャンルの最新ニュース
滑川の開業医・警察嘱託医務め引退 故郷の医療 半世紀支え (2017年8月16日)
◇「癒やしの環境研究会 愛知全国大会」ほか (2017年8月15日)
マスク取りに帰らす/闘病支えられた10年 (2017年8月15日)
三重・若者献血率 脱・全国ワースト 救った命が見えれば (2017年8月14日)
看護師が薬局侵入 医薬品窃盗の疑い 豊川署が逮捕 (2017年8月14日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人