つなごう医療 中日メディカルサイト

子ども歯科の医師が長男怒鳴る

ホンネ外来

(2017年4月4日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 次男が幼稚園のときに虫歯の治療のため、初めて近所の子ども歯科を受診したときのことです。1歳上の長男にもフッ素塗布をしてもらおうと予約を入れておきました。すると、2人同時に診察が始まりました。

 私はじっとしていられない次男と一緒にいたところ、長男にも虫歯が見つかり治療することになりました。一人で大丈夫かと心配しましたが、次男のそばを離れることもできません。長男は初めてで怖かったようで「うーん」とうなり声を上げると、その瞬間に医師が「声を出すな!」と怒鳴ったのです。

 確かに治療中に声を出すのは危険なことかもしれませんが、大人でも歯科治療は怖いと感じる人もいます。子ども歯科の看板を掲げているところにわざわざ行ったのに、こんな対応をされるとは思いませんでした。

 このことで長男は歯科治療が嫌いになってしまいましたが、その後に優しい歯科医師に出会いました。治療中も「あと少しだよ」と声をかけてくれ、歯科治療を嫌がらなくなりました。 (愛知県=女性・37歳)

同じ連載記事
病院の自販機の位置見直して (2017年11月14日)
若さ理由にがん見過ごされた (2017年11月7日)
親の心推し量る説明に安心 (2017年10月31日)
入院中、顔出さない主治医 (2017年10月24日)
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
同じジャンルの最新ニュース
三重大病院 子宮頸がん患者治療 手術支援ロボで子宮全摘成功 (2017年11月16日)
光技術導入で診断飛躍 健康・医療の可能性を拓く 静岡大・中日新聞連携講座 (2017年11月16日)
◇肺がん〜目指せ患者力アップ!〜市民公開講座ほか (2017年11月14日)
〈中日病院だより〉(73) 膵臓がん(下) ほとんどが膵管で発生 (2017年11月14日)
「患者協働」の医療実現を (2017年11月14日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人