つなごう医療 中日メディカルサイト

書類お願いしたら不満の声

ホンネ外来

(2017年4月11日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 71歳になる私の母は網膜色素変性症です。40代のころから症状が出始め、暗い場所で視界が悪く見えづらくなったことで病気に気が付きました。

 かかりつけの眼科医院で診てもらい、診断が確定。3年ほどお世話になりましたが、引っ越しをきっかけに公立病院に転院しました。

 転院先の眼科の医師は態度が横柄で、障害認定の申請をするために受診した際に、診察室のカーテンの向こうから「これ、僕が書かないといけないの!」と不満の声が聞こえてきました。数年おきに必要な書類で、そのときは書いてもらいましたが、そんな扱いをされて母は悲しんでいました。

 次に手続きが必要なときは、母の希望で以前お世話になったかかりつけの眼科医院に戻りました。手術が必要になったため、そこで大きな良い病院を紹介してもらい、無事に手術を受けることができました。

 それから母は通院を続けて、信頼できる医師の診察を受けています。(愛知県=女性・44歳)

同じ連載記事
担当医に薬の副作用相談したら激怒 (2017年7月25日)
総合病院で専門外の医師担当 (2017年7月11日)
通院嫌い 薬だけ求める糖尿病患者 月1回診察でリスク管理 合併症防ぐため生活指導 (2017年7月4日)
顔の傷痕「そのままでも…」にショック (2017年6月27日)
親身な2人の医師に感謝 (2017年6月20日)
同じジャンルの最新ニュース
金沢市が男性不妊治療費支援上乗せへ (2017年7月26日)
◇親が闘病中のこどものための夏休みセミナー「なつスタ」 ◇ホスピー健康と文化の集い (2017年7月25日)
〈中日病院だより〉(63) 糖尿病網膜症(眼科) 症状進行すれば失明も (2017年7月25日)
〈心と体 すっきりナビ〉胃腸を整え、夏ばて予防 (2017年7月25日)
がん診断放置 6人 慈恵会医大、3人は死亡 (2017年7月25日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人