つなごう医療 中日メディカルサイト

書類お願いしたら不満の声

ホンネ外来

(2017年4月11日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 71歳になる私の母は網膜色素変性症です。40代のころから症状が出始め、暗い場所で視界が悪く見えづらくなったことで病気に気が付きました。

 かかりつけの眼科医院で診てもらい、診断が確定。3年ほどお世話になりましたが、引っ越しをきっかけに公立病院に転院しました。

 転院先の眼科の医師は態度が横柄で、障害認定の申請をするために受診した際に、診察室のカーテンの向こうから「これ、僕が書かないといけないの!」と不満の声が聞こえてきました。数年おきに必要な書類で、そのときは書いてもらいましたが、そんな扱いをされて母は悲しんでいました。

 次に手続きが必要なときは、母の希望で以前お世話になったかかりつけの眼科医院に戻りました。手術が必要になったため、そこで大きな良い病院を紹介してもらい、無事に手術を受けることができました。

 それから母は通院を続けて、信頼できる医師の診察を受けています。(愛知県=女性・44歳)

同じ連載記事
定期健診の「診察」意味ある? 短くて形式的・・・期待外れ 内容は医師裁量、時間制約も (2017年5月23日)
病院で友人の死 教えてもらえず (2017年5月16日)
患者に決断の機会与えた医師 (2017年5月9日)
「治療終了」に納得いかず転院 (2017年5月2日)
医師に治療法尋ねたら態度急変 (2017年4月25日)
同じジャンルの最新ニュース
同様のミス3度目 名大病院 術後に血腫、窒息死 (2017年5月24日)
◇日本介護福祉学会公開講座「介護福祉の危機・討論会−今、介護福祉士に何が求められているのか」ほか (2017年5月23日)
〈中日病院だより〉(55) 神経伝達速度検査(臨床検査科) しびれが気になったら (2017年5月23日)
吸入薬 使い方が効果を左右 正しい操作 動画で公開 (2017年5月23日)
定期健診の「診察」意味ある? 短くて形式的・・・期待外れ 内容は医師裁量、時間制約も (2017年5月23日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人