つなごう医療 中日メディカルサイト

姉が急逝、検査で励まされる

ホンネ外来

(2017年4月18日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 遠方に住む姉が3月に心臓の病気で急逝しました。まだ69歳。血圧が少し高めというくらいでこれといった持病もなかったのですが、血管が裂ける急性の大動脈解離で、駆けつけても間に合いませんでした。

 4日後。糖尿病や高脂血症の定期検査で受診した内科医にそのことを話すと、じっと耳を傾けて話を聞いてくれたうえ、胸のエックス線写真を撮ることを勧めてくれました。いつもは採血や採尿だけなので、落ち込んでいる私を見て気を回してくださったのでしょう。幸い特に異常はなく「心配ないよ」と言ってくださいました。「お姉さんは残念だったけど頑張れよ」とエールを送られたようで、配慮がうれしかったです。

 患者から話しかけられるのを迷惑がる医師もいますが、数十年来かかっているこの先生は、いつも丁寧に話を聞いて対応してくださいます。どの患者にも同じなので診察が予約時間を過ぎることもしばしばですが、患者に寄り添う思いやりのある先生を尊敬しています。(愛知県=女性・65歳)

同じ連載記事
病院の自販機の位置見直して (2017年11月14日)
若さ理由にがん見過ごされた (2017年11月7日)
親の心推し量る説明に安心 (2017年10月31日)
入院中、顔出さない主治医 (2017年10月24日)
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
同じジャンルの最新ニュース
三重大病院 子宮頸がん患者治療 手術支援ロボで子宮全摘成功 (2017年11月16日)
光技術導入で診断飛躍 健康・医療の可能性を拓く 静岡大・中日新聞連携講座 (2017年11月16日)
◇肺がん〜目指せ患者力アップ!〜市民公開講座ほか (2017年11月14日)
〈中日病院だより〉(73) 膵臓がん(下) ほとんどが膵管で発生 (2017年11月14日)
「患者協働」の医療実現を (2017年11月14日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人