つなごう医療 中日メディカルサイト

医師に治療法尋ねたら態度急変

ホンネ外来

(2017年4月25日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 めまいなどの更年期症状があり、1年ほど前から婦人科に通っています。担当の医師は最初、症状や悩みをよく聞いてくれました。漢方薬とホルモン剤の2種類の薬を処方されたのですが、3〜4カ月たっても症状は変わりませんでした。「ほかの治療法はないでしょうか」と尋ねると、その医師は急に冷たい態度になり、あまり話を聞いてくれなくなったのです。

 その後も症状は改善しませんでした。自分で調べてみると、更年期症状にはさまざまな治療法があることが分かり、同じ薬を飲み続けることに疑問を感じるようになりました。

 そこで先日、「この治療法でいいのでしょうか」とあらためて聞くと、「あなたが選択したんです。すぐに治るとは思わないでください」と言われ、「待合室でお待ちください」と追い出されてしまいました。患者は不安だから聞いているのです。医師の治療と違う意見を言ったとしても、患者の気持ちを聞き、最善の治療を考えてほしいと思いました。(愛知県=女性・44歳)

同じ連載記事
親身な2人の医師に感謝 (2017年6月20日)
認知症の診断書、なかなか書いてもらえず (2017年6月13日)
同じ病院の医師なのに対応正反対 (2017年6月6日)
質問に「がんになるよ」 息子の看病支える言葉 (2017年5月30日)
定期健診の「診察」意味ある? 短くて形式的・・・期待外れ 内容は医師裁量、時間制約も (2017年5月23日)
同じジャンルの最新ニュース
せき止め成分 小児禁止 厚労省 コデイン 副作用の恐れ (2017年6月23日)
風邪薬成分 中国製混ぜる 原薬メーカー 無届けで出荷 処分へ (2017年6月23日)
患者取り違え 胃切除 東海市の公立病院 胃潰瘍をがんと (2017年6月22日)
脳死男児の臓器摘出 県立多治見病院 県内発表は初 (2017年6月22日)
◇補聴器フェス ◇認知症の症状と接し方  (2017年6月20日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人