つなごう医療 中日メディカルサイト

医師に治療法尋ねたら態度急変

ホンネ外来

(2017年4月25日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 めまいなどの更年期症状があり、1年ほど前から婦人科に通っています。担当の医師は最初、症状や悩みをよく聞いてくれました。漢方薬とホルモン剤の2種類の薬を処方されたのですが、3〜4カ月たっても症状は変わりませんでした。「ほかの治療法はないでしょうか」と尋ねると、その医師は急に冷たい態度になり、あまり話を聞いてくれなくなったのです。

 その後も症状は改善しませんでした。自分で調べてみると、更年期症状にはさまざまな治療法があることが分かり、同じ薬を飲み続けることに疑問を感じるようになりました。

 そこで先日、「この治療法でいいのでしょうか」とあらためて聞くと、「あなたが選択したんです。すぐに治るとは思わないでください」と言われ、「待合室でお待ちください」と追い出されてしまいました。患者は不安だから聞いているのです。医師の治療と違う意見を言ったとしても、患者の気持ちを聞き、最善の治療を考えてほしいと思いました。(愛知県=女性・44歳)

同じ連載記事
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
ナースコールに「運転中」 病室で看護師たちが私語 (2017年10月3日)
うつ病の妹に医師が心ない言葉 (2017年9月26日)
主治医の丁寧な説明に感謝 (2017年9月19日)
問診票見て「こんなに治せるか」 (2017年9月12日)
同じジャンルの最新ニュース
名大病院ミス 患者死亡 50代患者がん疑い見落とし (2017年10月20日)
◇リビングウイル研究会東海地方会ほか (2017年10月17日)
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
〈味な提言〉(1) 平均寿命と健康寿命 元気で長生き 食生活から (2017年10月15日)
藤田保健衛生大 改名へ 少子化対策でブランド一新 (2017年10月12日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人