つなごう医療 中日メディカルサイト

iPSの作製効率 向上 京大講師らチーム 2遺伝子加え

(2017年5月3日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する
図

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作る際に必要な「山中因子」と呼ばれる遺伝子に、新たに2種類の遺伝子を加えると作製効率が向上することを、京都大の山本拓也講師(分子生物学)らのチームがマウスの実験で突き止め、2日付の米科学誌電子版で発表した。

 iPS細胞は、皮膚や血液などの細胞に人工的に遺伝子を入れ、体のさまざまな組織などに変化する能力を持つ状態に戻す「初期化」を起こして作る。だが、初期化の効率は悪く、多くの細胞はiPS細胞にならなかったり、がん化のリスクがある細胞になったりしていた。

 成果が人に応用できるか不明だが「高品質なiPS細胞作製につながる可能性がある」という。

 チームはマウスの細胞を使い、初期化の際に複数の種類の遺伝子を導入して効率化に重要なものを調べた。すると、山中因子のうちの3種類の遺伝子にZic3とEsrrbという遺伝子を加えると、iPS細胞になる割合が従来の数%から、約50%にまで高まった。

 この2遺伝子は初期化の鍵となるエネルギーを産生する仕組みの活性化やバランスの調整に関与していることが分かった。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人