つなごう医療 中日メディカルサイト

患者に決断の機会与えた医師

ホンネ外来

(2017年5月9日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 ボランティアで介助をしており、60代の男性の患者さんがかかりつけの内科へ行くのに付き添いました。患者さんは軽度のアルコール依存症で、以前は総合病院に入院していました。退院後、この内科に通い始めて3~4回目のことです。主治医の男性医師に、酒とたばこを再開してもいいかどうか、必死になって同意を求めました。

 すると医師は「あなたは今、健康を回復しているところです。以前の不健康な体になって苦しむ方がいいのか、よく考えてください」と優しい口調で言いました。そして「私も酒とたばこなしで健康体で過ごしています。健康を大事にする思いを私と共有できませんか」と患者さん自身に決断するよう促したのです。

 単にやめなさいと言うのではなく、選択肢を与えた結果、患者さんは酒とたばこをやめることを納得して帰りました。自分を大事にしてくれた医師に感謝していました。私はこの医師が病気だけでなく、心の中まで治療したように思えて感動しました。(愛知県=男性・72歳)

同じ連載記事
マスク取りに帰らす/闘病支えられた10年 (2017年8月15日)
検診で「子宮あるの」と聞かれ、頭が真っ白 (2017年8月8日)
孫がはねられけが なぜ全身診ない (2017年8月1日)
担当医に薬の副作用相談したら激怒 (2017年7月25日)
総合病院で専門外の医師担当 (2017年7月11日)
同じジャンルの最新ニュース
滑川の開業医・警察嘱託医務め引退 故郷の医療 半世紀支え (2017年8月16日)
◇「癒やしの環境研究会 愛知全国大会」ほか (2017年8月15日)
マスク取りに帰らす/闘病支えられた10年 (2017年8月15日)
三重・若者献血率 脱・全国ワースト 救った命が見えれば (2017年8月14日)
看護師が薬局侵入 医薬品窃盗の疑い 豊川署が逮捕 (2017年8月14日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人