つなごう医療 中日メディカルサイト

生活習慣病 遺伝子検査で 三重大チーム、14種特定

(2017年5月11日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

 高血圧など生活習慣病の発症に関連する14種類の遺伝子を、三重大先端科学研究支援センターの山田芳司教授らのグループが特定した。生活習慣病になりやすい遺伝子の有無が分かれば予防や早期治療に生かせるため、遺伝子検査での活用を目指す。

 同大によると、高血圧や中性脂肪の数値が高まる脂質異常症は、最大で6割の患者が遺伝のため発病している。山田教授は高血圧や脂質異常症、メタボリック症候群、慢性腎臓病、痛風を併発する高尿酸血症の5つの生活習慣病に着目。2002〜14年に、これらの生活習慣病の患者や、健康診断を受けた計1万6千人の血液を解析し、遺伝子と病気の関連を調べた。分析の結果、14種類が5つの生活習慣病の発病と密接に関連することが分かった。

 山田教授は「研究成果を遺伝子検査に活用すれば、生活習慣病の発病リスクが分かり、予防や早期の治療につながる」と話す。研究成果は米国遺伝医学誌電子版に掲載された。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人