つなごう医療 中日メディカルサイト

魚津の産婦人科19年度開業目標 産前・産後ケア特色に

(2017年5月21日) 【北陸中日新聞】【朝刊】【富山】 この記事を印刷する
画像医療機関としての方向性などを確認した魚津市産婦人科クリニック基本構想策定委の初会合=同市役所で

 魚津市は、お産ができる地元医療機関の復活に向けて「市産婦人科クリニック(仮称)」基本構想策定委員会の初会合を19日夜、市役所で開いた。産前、産後のケアなどが特色のクリニックを目指すことを確認した。2018年度の施設整備、19年度のオープンを目指す。 (伊東浩一)

 会合には、地元医師会や助産師会、一般公募の委員ら8人が出席。村椿晃市長が「産婦人科クリニックの実現にはいくつものハードルがあるが、市民、医療関係者、企業などの総力を結集してもう一度挑戦したい」とあいさつした。

 委員長には、同クリニックの常勤医を務めることが内定している岐阜県の高山赤十字病院母子医療センター長の中野隆氏を選出。関係機関と連携し、妊娠から出産、子育てまで切れ目のない支援ができるクリニックを目指すべきだとの意見が多数を占めた。今後、施設の詳細を検討する。

 市は、クリニックの病床数を10床前後、年間分娩(ぶんべん)数を100〜200人と想定。正常分娩を基本に帝王切開にも対応できるようにする。ただ、開院には、中野氏を含めて常勤の産婦人科医2人と、常勤か非常勤かは未定だが、小児科医1人を最低でも確保する必要があり、中野氏の人脈を通じて医師を探している。

 市内では、06年にお産ができる医療機関がゼロになった。市内の出生数は年間約300人に上るが、現在は、近隣の黒部市民病院などで出産しており、村椿市長は、昨年4月の市長選で産婦人科クリニックの地元開設を公約に掲げて当選した。 

同じジャンルの最新ニュース
男性向け10万円上乗せ (2017年9月27日)
「無痛分娩」 医療体制確認を 相次ぐ重大事故 (2017年9月26日)
無痛分娩 順天堂大を提訴 (2017年9月19日)
体外受精 最多42万件 (2017年9月12日)
胎便吸引症候群の予後は? (2017年9月12日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人