つなごう医療 中日メディカルサイト

マラソン走者救護の要 岐阜大病院(岐阜市) 高度救命救急センター救急部門長 名知祥さん

医人伝

(2017年6月6日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

岐阜大病院(岐阜市) 高度救命救急センター救急部門長 名知祥さん(41) 

練習用の人形で、胸骨圧迫の手順を説明する名知祥さん練習用の人形で、胸骨圧迫の手順を説明する名知祥さん

 目の前で突然、人が倒れたら、助けられますか−。岐阜県内の医師や住民らに、自動体外式除細動器(AED)を使った心肺蘇生法を教え続けて、10年余りがたつ。

 4月末に岐阜市で開かれた高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンでは、6年連続で救護本部に詰め、沿道に控える非番の消防隊員や看護学生ら約260人の救護ボランティアを束ねた。ゴール手前で50代の男性が心停止状態で倒れたが、居合わせたボランティアがすぐに処置し、蘇生させた。「救急車を待っていては遅い。その場の素早い応急処置が大切なんです」

 岐阜市出身。岐阜大医学部を2000年に卒業。同大病院の第一外科に赴任した。当時、国内の医療関係者が心肺蘇生法を本格的に学ぶ体制は、まだ整っていなかった。

 そのころ、ある入院患者が急変し、心停止した。自身の知識を総動員し、蘇生を試みたが助けられなかった。「自分を含め医療関係者はだれもが正しい応急処置を学ぶべきだ」。03年から、欧米で開発された医療従事者向けの心肺蘇生法講習会を受け、2年後には指導者に認定された。

 外科医として県内の病院を渡り歩く間も、他の医師らに講習を実施。07年から岐阜大病院に戻り、高度救命救急センターを任された。

 海外の研究では、マラソン大会に出場するランナーは、数万人に1人が心停止するとされる。そのため、10年に岐阜県揖斐川町のいびがわマラソンで、救護を担当するチームを立ち上げ、11年に始まった清流ハーフマラソンにも携わり始めた。昨年まで5月開催だった清流ハーフでは、ゴール時の気温が25度以上に。12年には、同じ時間帯に10人ほどが熱中症で倒れ、通報が集中し消防も混乱。「局地的な災害だった」と振り返る。

 翌13年からは、重篤な患者が出たら大学病院の担当医に直接連絡する体制に。今年はカメラ付きドローンを飛ばし、上空からランナーを見守った。

 それでも、救護の目が届かない場面はある。大会では、希望者が講習を受け、当日は救護スタッフも兼ねる「ハートサポートランナー」制度を導入している。「基礎知識があるだけでも、助けられる確率は格段に上がる。日常生活にも役立つはず」と力を込めた。(兼村優希)

同じ連載記事
症状でなく、人生を診る 医王ケ丘病院 岡宏さん (2017年12月12日)
子の虐待死事例データ化 小児科医 沼口敦さん (2017年11月28日)
子どもの遺伝病を研究 浜松医科大 緒方勤さん (2017年11月21日)
記者から奮起、医の道へ 一宮むすび心療内科 小出将則さん (2017年11月14日)
満足いく生涯を手助け 丹生川診療所 土川権三郎さん (2017年11月7日)
同じジャンルの最新ニュース
人工分子 医薬品開発に応用 健康・医療の可能性を拓く 静岡大・中日新聞連携講座 (2017年12月14日)
◇生老病死に寄り添うほか (2017年12月12日)
冬場に腕や足がかゆい (2017年12月12日)
医師らに2億円超未払い (2017年12月12日)
多様で潜在化する「DV」 (2017年12月12日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人