つなごう医療 中日メディカルサイト

認知症の診断書、なかなか書いてもらえず

ホンネ外来

(2017年6月13日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 アルツハイマーの夫は現在73歳。自宅で10年間、尿失禁や徘徊(はいかい)を繰り返す日々が続き、一昨年に特別養護老人ホームに入所しました。今は一人では何もできず、要介護度4です。

 そんな夫の状態が高度障害に当たるということで、発症前に購入したマンションの住宅ローンを弁済してもらう手続きをしました。万一のことがあったときに残りの住宅ローンが全額弁済される生命保険に加入していたからです。特養で薬を処方されているため、担当の内科医に診断書をお願いしましたが「精神科医ではない」「書いたことがない」との理由で断られました。あちこちに相談し、入所前にかかっていた認知症専門の医師がようやく書いてくれました。

 障害年金などの申請でも同じでしたが、認知症の診断書を書いてくれる医師は少なく苦労します。今回の保険会社も診断書の提出を数カ月待つことはよくあると説明していました。患者と家族の心境を理解して早急に対処してほしいです。家族に残された時間は長くはないのですから。(愛知県=女性・71歳)

同じ連載記事
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
ナースコールに「運転中」 病室で看護師たちが私語 (2017年10月3日)
うつ病の妹に医師が心ない言葉 (2017年9月26日)
主治医の丁寧な説明に感謝 (2017年9月19日)
問診票見て「こんなに治せるか」 (2017年9月12日)
同じジャンルの最新ニュース
名大病院ミス 患者死亡 50代患者がん疑い見落とし (2017年10月20日)
◇リビングウイル研究会東海地方会ほか (2017年10月17日)
抗がん剤の説明 あまりに事務的 (2017年10月17日)
〈味な提言〉(1) 平均寿命と健康寿命 元気で長生き 食生活から (2017年10月15日)
藤田保健衛生大 改名へ 少子化対策でブランド一新 (2017年10月12日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人