つなごう医療 中日メディカルサイト

島田市民病院で医療事故

(2017年6月16日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

眼科に入院、78歳男性死亡

 島田市立島田市民病院(同市野田)で2015年10月、入院中の不適切な対応により、牧之原市の男性患者=当時(78)=が死亡する医療事故が起きていたことが、市民病院への取材で分かった。市民病院は「死亡の原因がはっきりしなかった」として事故を公表していなかった。

 市民病院によると、男性は当時、失明の危険性のある病気のため、2週間ほど眼科に入院していた。糖尿病の既往歴があるにもかかわらず、目の炎症を抑えるため、血糖値に影響を与える恐れのあるステロイド系の薬を投与したという。男性は退院した10月12日に容体が急変し、市民病院に緊急搬送され、翌13日に急性腎不全で死亡した。

 男性の死亡を不審に思った遺族が、市に損害賠償を請求。市は当初、医療行為が直接の原因とは考えていなかったが、再調査で「血糖値管理に不適切な対応があった」と認め、今年3月28日、遺族側に1900万円を支払うことで示談した。

 市民病院の村松正幸総務課長は、本紙の取材に「病院としてあってはならない重大な結果で、再発防止に努めたい」としている。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人