つなごう医療 中日メディカルサイト

顔の傷痕「そのままでも…」にショック

ホンネ外来

(2017年6月27日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 数年前のことですが、自転車で側溝に落ち、顔面4カ所を縫う大けがをしました。搬送先で手当てをしてもらった後、近所の外科に通って傷自体は治ったのですが、縫い直さないと太い傷痕が残るとのこと。目の上の傷は特に大きく、それなら手術をと考え、総合病院を紹介してもらいました。

 顔が引きつるのを避けるため数回に分けて縫うことになりましたが、若い男性医師と日程を相談した際、なかなか合う日がなく困っていると「そのままでいいんじゃないですか」と言ったのです。「年齢も年齢だから」という意味に聞こえ驚いていると、別の病院から来た年配の男性医師が「女性にそんな失礼なことを言うんじゃないよ」と指摘し、「僕の病院に来たら都合の良い日に手術してあげます」と言ってくれました。後から分かりましたが形成外科の名医で、とてもきれいに治してもらいました。(愛知県=女性・70歳)

同じ連載記事
総合病院で専門外の医師担当 (2017年7月11日)
通院嫌い 薬だけ求める糖尿病患者 月1回診察でリスク管理 合併症防ぐため生活指導 (2017年7月4日)
親身な2人の医師に感謝 (2017年6月20日)
認知症の診断書、なかなか書いてもらえず (2017年6月13日)
同じ病院の医師なのに対応正反対 (2017年6月6日)
同じジャンルの最新ニュース
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (下) 親亡き後の自立見据え (2017年7月20日)
暑いから不快だから涼む× (2017年7月20日)
〈いのちの響き〉高次脳機能障害で1人暮らし (上) 通所作業で気持ち安定 (2017年7月19日)
105歳医師 命大切さ訴え続け 日野原重明さん死去 (2017年7月19日)
日野原重明さん死去 105歳の医師 「生活習慣病」提唱 (2017年7月18日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人