つなごう医療 中日メディカルサイト

患者側申請で難病指定検討 厚労省、助成対象拡大へ

(2017年6月28日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

 治療法がない極めてまれな病気について、厚生労働省は27日、患者や家族などからの申請があれば、医療費を助成する指定難病への追加を検討する方針を固めた。

 難病の指定は、厚労省研究班や学会の推薦に基づいて行われているが、研究班すらない極めてまれな病気にも対象を拡大することにした。

 難病は、発病の仕組みや治療法が明らかになっておらず、長期の療育を必要とすることなどが指定の要件。指定難病の患者は、収入に応じて医療費助成が受けられる。

 これまでにパーキンソン病や重症筋無力症など330疾患が指定されているが、患者が極端に少ない病気は対象になりにくく「不公平だ」との指摘があった。

 厚労省は今後、詳細なルールを決める。患者からの受け付け開始は来年度以降になる見通し。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人